[陸上/海上/航空自衛隊]UH-60J!近代化,空中給油,後継,価格,画像?

ヘリといえば様々な業界・方面で運用されている便利な乗り物ですが、陸海空の各自衛隊でも多種多様な任務に活用できる装備として重宝されています。そんなヘリの中で輸送や救難活動で高い実績を誇り、確固たる信頼を築いているのがUH-60Jです。

 

s_uh-60j_02l

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


UH-60は「ブラックホーク」の名でも知られる多目的の軍用ヘリであり、アメリカ軍を始めとする世界各国で運用されています。輸送や救難などの任務において高い実績を持ち、特殊部隊による急襲任務にも用いられています。

⚪︎基本性能:UH-60JA

全長:19.76m

全幅:5.43m

高さ:5.13m

乗員:5名(陸自は乗員2名+人員12名可)

最大速度:時速265km

巡航速度:時速235km

航続距離:1295km

実用上昇限度:4000m

 

自衛隊はまず航空自衛隊が1988年から救難機用に50機を調達しました。各地の救難隊に配備され、災害派遣や海難事故で活躍しています。後継機は選定されず、近代化改修を施して今後20年以上は継続して使用する見込みです。途中からチャフ・フレア射出装置やミサイル警報装置、5.56mm機関銃などが装備されています。空中給油の機能が付与されている機体もあり、長時間にわたる救難捜索任務にも対応できます。

 

img01

 

海上自衛隊も救難や輸送目的で19機を導入しており、航空自衛隊の洋上迷彩とは違って赤とオレンジの塗装となっています。陸上自衛隊は3つの自衛隊の中では一番最後に調達を開始し、40機ほどを保有しています。こちらも人員や装備の輸送に加えて災害派遣などの際の救助目的で調達されており、東日本大震災でも活躍しました。

 

s_uh-60j_03l

 

陸上自衛隊仕様のUH-60JAは赤外線排出を抑制する装置(赤外線追尾型の誘導弾を避けるため)や赤外線ジャマー、有事の際に飛行を妨げる電線を切るワイヤーカッターなどが装備されています。12.7mm重機関銃や5.56mm機関銃をドアガンとして設置することもでき、有事の際は追加装備することが想定されています。

陸上自衛隊は輸送用のヘリとしてはUH-60JAに加えて主にCH-46J(チヌーク)とUH-1Hを運用していますが、UH-60JAは1機あたり37億円と高価なため当面はUH-1Hの運用も維持されます。将来的にはオスプレイも導入されるため、これらをミックスした輸送体制となる見込みです。

 

_2_

 

毎年1月に千葉県の習志野駐屯地で行われる第一空挺団の「降下始め」でもUH-60JAは登場しており、隊員がロープを使ってヘリから降下する光景が見られます。信頼性のある性能を持つUH-60JAは今後も各自衛隊で救難、輸送目的などで引き続き重宝されることでしょう。

 

関連記事:

[陸上自衛隊]導入するオスプレイを佐賀空港に配備?

[自衛隊]日本がオスプレイを購入?配備,導入,ひゅうが,画像!

最強エリート?第一空挺団!パラシュート,レンジャー,給料,年収,伝説,逸話,噂!

引用元:

www.mod.go.jp/msdf/ (海上自衛隊 HP)

www.mod.go.jp/asdf/ (航空自衛隊HP)

www.mod.go.jp/gsdf/ (陸上自衛隊HP)

1 2 ・・・次のページ

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です