THAADミサイルとは?自衛隊,韓国,性能,価格は?

ミサイル防衛(MD)の手段としてはイージス艦からのSM3や地上からのPAC3などがありますが、MD先進国のアメリカでは「THAAD」なるものがあります。しばしば、SM3とPAC3だけの二段階迎撃体制だけでは不安という意見がありますが、THAADは検討に値するものでしょうか?

 

Thaad_missile_and_launcher

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 THAADミサイルとは 性能は?

THAADミサイルは終末高高度防衛ミサイルの略であり、アメリカ陸軍が1987年から開発した弾道ミサイル防衛用の兵器です。THAADは略の通り弾道ミサイルが大気圏に再突入する際の終末段階での迎撃用です。

 

元々、終末段階での迎撃の任は日本も配備しているPAC3が担当しているが、これは射程が20km程度しかなく、まさに「最後の砦」です。PAC3は移動が比較的容易で、展開しやすい反面、このように射程距離が短いのが欠点です。これでは不安だということでもっと射程距離の長いミサイルの開発にアメリカ陸軍は取り組みます。

 

空自のPAC3

main03

 

それが射程200kmのTHAADミサイルなのです。これは成層圏よりも上の大気圏外での迎撃を想定しており(とはいえ終末段階での迎撃である)、有効射程距離はPAC3とは歴然の差です。つまり、THAADミサイルを終末段階で第1迎撃手段、PAC3を第2迎撃手段、というように終末段階だけでも複数段階の迎撃手段を用います。

 

 

 

THAADミサイル性能諸元

重量:900 kg 
弾頭:運動エネルギー弾(炸薬なしの直撃で敵弾道ミサイルを破壊する)
射高:40~150km
最大射程:200km

800px-THAAD_missile_launch_in_2005_-1

THAADミサイルは自力で走行もしくは牽引式のタイプがあります。セット装備としてはTHAADミサイルが10本連装された発射基、C4Iシステム、そしてミサイルの探知、追跡、迎撃誘導を行うXバンドレーダーで構成される。Xバンドレーダーの探知距離は1000km以上と凄まじく、その性能はイージス艦なみです。ちなみに、このXバンドレーダーは青森県の車力分屯基地にも配備されており、京都の経ヶ岬分屯基地にも追加配備される予定です。

 

 自衛隊 韓国 価格

現在のところ、THAADミサイルを運用しているのはアメリカだけですが、今後は他の国でも導入される可能性があります。我が日本も例外ではありません。お隣、韓国も導入を検討しているとの報もあり、少なくとも新たなMD手段として注目されています。

日本のミサイル防衛の現状はイージス艦によるSM3発射と地上からのPAC3による迎撃の二段階です。しかし、PAC3の射程は前出のように20km程度です。このため、SM3が撃ち漏らした場合はいきなり「最後の砦」に頼むしかないのが現状です。それならば射程200kmのTHAADミサイルを導入して三段構えの体制を構築してもいいのではないでしょうか。

 

The_first_of_two_Terminal_High_Altitude_Area_Defense_(THAAD)_interceptors_is_launched_during_a_successful_intercept_test_-_US_Army

 

しかし、「予算」という超現実的な論点から語る場合はそう簡単にはことは運ばないでしょう。日本は既にSM3とPAC3の配備に8000億円近くを投じており、ただでさえ少ない防衛費が圧迫されています。THAADミサイルの導入には少なく見積もっても数千億円は必要でしょうから、南西諸島防衛のために購入すべき装備が揃えなくなるという事態が起こりかねません。防衛費を増額すれば済む話ですが、現状の厳しい防衛予算内では南西諸島防衛の強化と新たなMD手段の整備を同時進行させるのは無理でしょう。

THAAD_missile_launch_in_2005_-2

 

 

 しかし、可能性が全くないわけではありません。少なくともTHAADという手段は有効な手段のようなのでミサイル防衛の一環として導入する可能性は十分あります。実際、アメリカはすでに日本にXバンドレーダーを配備しているので仮に自衛隊がTHAADを導入したら日米同盟の深化の具体的な例として共同運用するという手もあります。

 

画像引用元:http://www.mod.go.jp/asdf/

http://www.mda.mil/

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

「THAADミサイルとは?自衛隊,韓国,性能,価格は?」への1件のフィードバック

  1. THAADミサイルが本来の目的ターミナル段階のミサイルでしょう。パトリオットミサイルはICBMを万が一にも落とせないぐらいで、配備するだけ無意味。パトリオットミサイルは巡航ミサイルを落とすためのが効果的で、ターミナル・ミッドコース・ブースト段階まで対応する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です