[海上自衛隊]哨戒ヘリコプターSH-60J,SH-60K(シーホーク)! 価格,後継,調達,性能?

海上自衛隊で広く運用されている哨戒ヘリコプターSH-60シーホーク。旧型のSH-60Jと新型のSH-60Kが現在、護衛艦などに搭載されており、海上における対潜哨戒活動を支えています。

 

sh-60j_04l

 SH-60J シーホーク 哨戒ヘリコプター 性能

海上自衛隊は哨戒ヘリコプターとして高性能のSH-60(シーホーク)をベースとしたSH-60JとSH-60Kを多数配備しています。哨戒ヘリは護衛艦の艦載機として配備されており、対潜水艦作戦などで主力として活躍します。

まずSH-60Jは海上自衛隊がHSS-2Bの後継機として1991年から配備され始めました。機体はアメリカ海軍のSH-60 Bを基にしていますが、最重要のブラックボックス以外は国産の電子機器を搭載しています。計103機が生産され、海上自衛隊の航空戦力の主力として運用されています。

sh-60j_01l

 

大多数は護衛艦に搭載されて対潜哨戒任務に就いていますが、32機は大村や館山などの陸上基地で運用されています。海上自衛隊の対潜・水上哨戒任務の他にも災害派遣における救助・輸送活動、水難事故での救助活動、急患輸送などにも使用されています。

 

○性能諸元:SH-60J(ホワイトホーク)

sh-60j_02l

全長:19.8m

最大速度:時速275km

実用上昇限度:5790m

航続距離:584km

乗員:3名(最大8名)

兵装:対潜魚雷・対艦ミサイル

価格:50億円

 

乗員はパイロット2名と電子機器を担当する人が1名乗り込みます。輸送機などとしても使用でき、最大8名(パイロットを除いて6名)が乗れます。

SH-60Jは護衛艦の後部などに設置された格納庫に収容され、飛行甲板から離発着します。哨戒飛行中に得た情報は護衛艦の戦闘情報システムとリンクすることが可能です。SH-60Jは護衛艦の周囲を飛行して敵艦艇や航空機、ミサイルをいち早く探知します。

SH-60Jには逆探知装置なども搭載されており、敵艦艇が発する電波を探知、位置を特定します。そのため、SH-60Jは水平線の向こうにいる水上艦などを探知するための有力な手段です。

main_sh-60j

もちろん対潜哨戒任務のための装備も充実しており、磁気探知装置やソナー、ソノブイなどを使用して敵潜水艦を探知します。同じく海上自衛隊の航空部隊に所属するP-3C哨戒機も哨戒活動において有力な手段として重宝されます。しかし、哨戒ヘリはホバリングを使って滞空活動が可能なため、潜水艦の探知などではより効果的です。つまり、ヘリの方が潜水艦の上空にずっと滞空してより確実な探知ができます。SH-60Jは対潜攻撃のためにMk.41短魚雷を2本搭載でき、潜水艦にとっては厄介な存在です。

 

 

 SH-60K 後継 性能 価格 調達

現在の海上自衛隊さらに最新の哨戒ヘリとしてSH-60Kの配備を進めています。SH-60Jは優秀な哨戒ヘリでしたが、機体の寿命が飛行6000時間で来るため老朽化が進んでいます。

そのため、後継のSH-60Kへの移行や機体の寿命を延長させる措置が進められています。現在はSH-60Jの退役が進んでおり、生産された103機のうち43機が運用されています。しかし、退役するSH-60Jの数に合わせてSH-60Kを配備するには予算が足りないため、5年ほどの延命措置がとられています。

sh-60k_04l

 

 

後継となっているSH-60KはSH-60Jよりも凡用性が高い機として開発されました。SH-60Jよりも機内空間が拡張され、対潜・対水上戦闘における能力が向上しています。

○性能諸元:SH-60k

sh-60k_03l

全長:19.8m

最大速度:時速223km

実用上昇限度:4000m

航続距離:800km

乗員:3~4名(最大12名)

兵装:対潜魚雷・対潜爆弾・対艦ミサイル

価格:70億円

 

パイロット2名の他に電子機器の担当員が2名となっており、最大乗員数もSH-60Jよりも4人増えています。新型のメインローターシステムを採用したことによって速度は30km程減少しましたが、失速や衝撃波の影響を軽減することに成功しています。

 

搭載されている機器も性能が向上しており、多様な任務に対応できるようになっています。固定武装はありませんが、事態によって対潜・対艦などの兵装を搭載できます。SH-60Jとは違って不審船対策などのために対艦ミサイルを搭載できます。74式機銃も設置でき、ソマリア沖の海賊対策派遣では海賊船を撃退するためなどに使用できます。

main_sh-60k

 

戦術情報処理システムも性能が大幅に向上しており、敵潜水艦の行動を判断して効果的に捜索計画を提供します。航法システムも向上しており、パイロットの負担軽減に繋がっています。得られた情報は護衛艦とはもちろんのこと、他の哨戒機とも共有することが可能となり、哨戒活動の効率化が図られています。

ソナーに関しては高性能のものを搭載しており、探知距離が伸びています。投下したソノブイから得た情報を機上で解析する能力も付与されており、継続した対潜哨戒活動が可能となっています。

 

01 (2)

 

安全性を高めるためにミサイル警報装置とチャフ・フレア装置を組み合わせた防御システムを搭載しています。高い技術を必要とする着艦の際にも着艦誘導支援装置を使用して自動進入できます。これは世界初の装置であり、パイロットの負担を減らし、生存性を向上させています。

災害派遣でも画像伝送機能を使ってリアルタイムで現場の状況を伝えることができるようになりました。機内空間の拡張によって輸送力が強化されています。

09 (2)

 

SH-60Kは現在42機が配備されており、今後も調達が続けられる予定です。生産機数は予算の都合でSH-60Jよりも少ない70機ほどを予定しています。

SH-60Kの後継機としてはNH90やS-92などが挙げられています。そして無人機(UAV)を搭載する構想も出ており、今後が注目されます。

 

10 (1)

 

○関連記事:

[海上自衛隊]P-3C対潜哨戒機!ハープーン,ソマリア,画像,性能,価格?

 

画像引用元:http://www.mod.go.jp/msdf/index.html

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です