[三菱航空機]MRJ初飛行!政府専用機,エンジン,受注状況,価格,動画?

三菱航空機が開発したMRJ(三菱リージョナルジェット)が7年の開発期間と5度のスケジュール延期を乗り越えて、2015年11月11日に初飛行を行いました。MRJは日本初の国産ジェット旅客機であり、国産旅客機としてもYS-11以来約50年ぶりです。日本の航空史に名を刻んだこの国産機への期待はさらに高まっています。

clean-sheet-design-thumbnail

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


日本初の国産小型ジェット旅客機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」が11月11日午前9時半頃に愛知県の県営名古屋空港で初飛行を行いました。MRJの初飛行は1時間半ほどでしたが、国産旅客機としてはYS-11以来50年ぶりというこの機体の初飛行は日本の航空史における歴史的瞬間でした。

初飛行の動画は↓↓↓

www.mrj-japan.com/j/movie.html

Mitsubishi Aircraft Youtube Channel

 

MRJ開発の発端は2002年に経済産業省が小型ジェット旅客機の開発案を公表したことにあります。そして2008年に三菱重工業が新たに子会社の三菱航空機を設立してMRJの事業化に乗り出しました。経済産業省もこれを資金面で支援するなど官民で協力した事業としてMRJ開発は主に愛知県内で進められていきました。そして2014年10月中旬に初号機が披露され、今年6月から地上での走行試験が実施されていました。

 

 

⚪︎性能諸元:MRJ90

※MRJは座席数が76席のMRJ70と88席のMRJ90があります。

全長:35.8m(MRJ70は33.4m)

最大速度:マッハ0.78(時速954km)

航続距離:最大3,310km(MRJ70で最大3,380km)

価格:1機57億円

 

客室・座席に関しては「快適さ」を売りに一つとしており、左右2席ずつ、横4列の配置となっています。中央座席の廃止、新たなスリムシートの採用などによって比較的余裕のある空間となっており、頭上の収納スペースまでも従来より余裕のある造りとなっています。

 

MRJの主な特徴としては従来よりも空気抵抗を考慮した形状となっており、流線型の美しい機体とも評されるゆえんです。機体にはアルミ合金に加えて軽量化を図るために炭素系複合素材も使用されており、エンジンはアメリカのP&Wという会社の新型エンジンを搭載しています。エンジンは従来型よりも12%ほど燃費が向上しているようで、上記の空気抵抗を軽減させる機体形状、軽量化のための複合素材などと合わせて従来の同型機と比べて燃費を2割少なくすることに成功しています。

MRJは国際民間航空機関の環境基準を大幅にクリアする性能を持っており、燃費に加えて騒音も減少しています。排気ガスの排出も従来型よりも抑えており、売りの一つである環境適合性という面においても優れた機体となっています。このことは環境を重視する欧米、特に欧州での売り込みの際に大きなアピールポイントになるでしょう。燃費の向上は航続距離にも反映されており、MRJは都市と地方及び地域間の旅客輸送を見据えた機体ですが、3000km超の航続距離でヨーロッパ全域をカバーすることができます。アメリカやオーストラリアでも都市と地方や地域間を結ぶ機体としては十分な航続距離を保持しており、経済性・環境への配慮と合わせて大きな利点です。

 

prin

 

日本の場合は各地に点在する地方空港をそれぞれ結ぶ手段として有望な機体であるとの認識があり、全日空と日本航空は共に地域用として受注をしています。地方空港は採算が取れないことから路線廃止が問題となっていますが、MRJは座席数が100席未満の小型旅客機のため、需要と供給のバランスに近づけることへの期待が高まっています。

 

さて、受注に関してですが、本来MRJは世界で今後需要が急増する地域間旅客機(リージョナル航空機)を見据えて開発されました。予測では今後20年で世界では最大5000機のリージョナル航空機の需要が見込まれるとのことであり、MRJは強気の姿勢でその半数の受注を狙うようです。主な競争相手はカナダの「ボンバルディア」、ブラジルの「エンブラエル」、そして中国の「ARJ21」が挙げられています。

しかし、旅客機の製造・運用の実績という面ではやはりボンバルディアなどと比べるとほぼ「ない」に等しいため、市場参入における弱点の一つとなっています。いかにMRJが他と比べて経済性、環境適合性、快適さ等において優れた機体であるかを売り込むのは今後の大きな課題でしょう。全日空と日本航空に加えてアメリカやミャンマーの航空会社も注文しており、現時点では400機以上の受注には成功しています。

第一目標でもある1000機にはまだ及ばないものの、新参者としてはまずまずの受注数と言えるのではないでしょうか。今後の売り込み、運用実績と評判次第ではヨーロッパ、アメリカなどの主要市場に加えて東南アジア、南米、ロシアなどといった有望な市場でのシェア拡大が実現できることでしょう。さらに、官民を挙げた売り込み体制と運用実績のためにも国の機関でもMRJを採用することが期待されます。一部報道では航続距離をさらに伸ばしたタイプのMRJを将来的に政府専用機として導入することへの検討がなされているとの話がありましたが、こうした取り組みは是非とも進めてほしいものです。近距離外交の際の政府専用機や海上保安庁、自衛隊でも輸送連絡機などとして活用してもらいたいですね。

 

画像引用元:

www.mr-japan.com/j/top.html (三菱航空機HP)

www.flythemrj.com/j/(三菱航空機HP)

 

1 2 ・・・次のページ

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です