[JAXA]H3ロケットを開発!性能,能力,韓国,有人,仕様,エンジン?

高い技術力と運用実績が世界中で評価されている日本宇宙航空研究開発機構JAXA。そのJAXAが次世代の液体燃料ロケットとして開発中なのがH3ロケットです。H2の後継機として開発されるこのロケットはJAXAのさらなる技術発展と運用能力への貢献が期待されています。

h2a_main_001

最近の日本の宇宙技術と運用実績に著しく貢献したH2ロケットシリーズの後継機及びJAXAの次期主力ロケットとしてH3ロケットが開発されます。H3ロケットは最新の大型液体燃料ロケットとして2020年の初打ち上げを目指しており、三菱重工を中心に現在開発が進められている状況です。

⚪︎性能:H3ロケット(予定)

topics_20150727_h3_01

JAXAホームページより引用

全長:63m

直径:5.2m

打ち上げ能力:4~6.5t (投入軌道によって変わる)

 

見ての通り、現在運用されているH2シリーズよりも大型化します。そして軌道に投入する能力は世界的な衛星打ち上げの需要に一回の打ち上げで応えられる能力を目指します。開発には約1900億円が投入される予定で、H2Aなどと比べて打ち上げコストの削減、新エンジンによる安全性の向上、打ち上げ準備期間の短縮などを実現します。

具体的には打ち上げにかかるコストはH2Aの半分である約50億円ほどとなります。そして予め横向きで組み立ててから射場で起立させて、点検を自動化させることによって打ち上げ準備期間を従来の半分にまでに短縮。このことにより年間の打ち上げ回数を増やし、打ち上げコストの圧縮に繋げます。

 

打ち上げコストの圧縮は商業衛星の打ち上げにおいては大きなアドバンテージとなりえます。比較的低コストかつ高い打ち上げ能力と成功率を持つことによって他国の衛星打ち上げの需要に応えることができます。例えばJAXAは初の有償受注として隣国・韓国の衛星を2009年に打ち上げましたが、今後はこうした海外からの受注を増やすことを考えています。

 

a17fdee5c7c36bd1f04bcdb0a4083ea9

 

ちなみにこの大型H3ロケットは日本初の独自技術による有人飛行を実現させるための布石ではないかという話も聞こえますが、JAXAは今のところは有人飛行は考慮していないようです。将来的にはいずれ挑戦するかもしれませんが、当分の間はアメリカのNASAなどとの協力関係の元で日本人宇宙飛行士を宇宙へと送るでしょう。

安全性と打ち上げの安定性の向上とコストの削減を同時進行させるのは至難の技でしょうが、もう一つの新型ロケットであるイプシロン・ロケットでも同様の試みが実現しつつあるため期待が膨らみます。日本の次世代の宇宙技術と運用を担う新たなロケットの登場を歓迎します。

 

⚪︎関連記事:

[JAXA]イプシロンロケット!軍事転用,弾道ミサイルICBM,海外の反応,打ち上げ?

 

画像引用元www.jaxa.jp (JAXAホームページ)

 

1 2 ・・・次のページ

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です