[続報]F-3ステルス戦闘機の開発決定!5年以内に開始!

防衛省の技術研究本部が三菱重工とともに研究・開発している先進技術実証機ATD-X。今夏に試験飛行を予定しているこの実証機で得た技術を基に政府は新たな国産ステルス戦闘機「F-3」を開発することを決めました。

1407_2_img1

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


いずれ引退時期を迎える航空自衛隊のF-2戦闘機の後継機として国産のステルス戦闘機「F-3」の開発を5年以内に開始することを決定しました。防衛技術研究本部で研究が進められている先進技術実証機で得られた技術とデータを生かして新たな国産戦闘機の開発に取り組む模様です。

先進技術実証機は今年1月に飛行試験を予定していましたが、トラブルによって8月に延期されました。昨年には三菱重工の小牧南工場で初めて機体が披露されましたが、今回の F-3開発決定を受けて日本の航空産業はさらに活気に溢れることでしょう。

 

1407_2_img2

 

第二次大戦に敗北した日本は連合国占領軍GHQによって様々な制約を受けたため、航空産業の復活と育成が遅れました。ちょうどレシプロからジェットエンジンへの移行期に国産航空機の開発を禁止されたため、エンジン製作の面でかなり遅れをとりました。そのことが長年の課題となり、今回の先進技術実証機やF-3戦闘機の開発でもエンジンの調達が問題となりました。

しかし、エンジン製作を担当するIHIは推力15tほどのエンジン開発に目処がついたため、今回の開発が決定しました。今後は防衛技術研究本部とIHIが中心となってエンジンの研究開発を行い、2028年から各部隊に配備する計画です。

 

1405_2_img2

 

機体に関しては三菱重工などを中心に生産するものと思われ、数兆円の経済波及効果があるものと考えられます。F-2の後継機であることから配備数は100機前後と予想されますが、それでも国内の航空産業に与える経済効果は大きいものでしょう。

まだ鬼門のエンジン開発がどうなるか分かりませんが、IHIの技術を信じて最新鋭の国産ステルス戦闘機の誕生を期待したいです。優秀な日本の最新技術を集めた優秀な戦闘機を開発して日本の防衛力の強化に大いに貢献してほしいですね。日本で生まれて日本で作られた日の丸ステルス戦闘機が日本の空を舞う日が楽しみですね。

 

こちらもチェック→先進技術実証機「心神」?

 

関連記事:

【自衛隊】日本がステルス戦闘機F-3心神を開発!三菱,動画,画像!

三菱のF-2支援戦闘機!実力,性能,後継機,動画,画像,改修?

 

画像引用元:

http://www.mod.go.jp/trdi/ (防衛省技術研究本部HP)

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

「[続報]F-3ステルス戦闘機の開発決定!5年以内に開始!」への7件のフィードバック

  1. ATD-Xは、MAX-SPEEDを1.8に抑えてペイロードや航続距離を挙げた方が良いと思いますよ。そのエンジンでは島国の日本には合わないと思います。せっかくのステルス機ならば爆撃能力があったほうがよいし、できれば巡航ミサイルを積めるように作るべきだと思いますよ。近くに敵の空港が無ければ空爆に来ませんよ。スクランブル機はF-2やF-16で十分対応できます。

  2. エンジン開発で面白い進言をしましょうか?F-15の性能を何もかも塗り替えたSU-27フランカーのエンジンはSU-24フェンサーのエンジンと同じサチュルンAL-21-F3ですよ。プライマリーストラクチャーを変えるだけで全く違う機種になることが解りますよね?ちなみに、当エンジンの出力は76.5kNから、アフターバーナー全開で110.5kNで、乾重量は1800kgですよ。

  3. F-18ホーネットは実際にミグ29に落とされてますよね?そのエンジンを比較するとホーネットがF-404-GE-400が48.9kNから71.2kNで重量が996kgのバイパス比が0.34、に対してミグ29がクリモフRD-33が49.4kNから81.4kNで1055kgのバイパス比が0.49.これでF-22を開発するときに推力を上げれば強いと思ってF-119-PW-100では推力が155kNもあるエンジンを作った。

  4. 面白い逸話を1つ。WW-2でメッサーシュミット262を知ってますか?最強戦闘機がどんな負け方をしたかご存知ですか?1400機作ったものの、ドッグファイトは高空では敵なしでも「殆どがランウエイの上で破壊されたドイツ戦闘機です。」遭遇率が低い今なら尚更スタンドオフ兵器の優位性は覆らない。

  5. ステルス機はどれだけのステルス性が有ればアクティブレーダー式の対空ミサイルに当たらないか・について説明しましょうか?いきなりTHE-ANSERからRCS-0.0032有ればミサイルは当たりませんよ。たとえ、120km先でレーダーに見つかってもアクティブレーダー式のミサイルでは落とせないということです。レーダーに見つかっても落せないRCSが0.0032という数字ですよ。

  6. 有ればは、少しおかしい表現かな?RCSが0.0032以下ならアクティブレーダー式の対空ミサイルは当たらない・が正しいかな?

  7. ロシア製T-50はそれが前提のRCSだと考えられるよね?別にステルス機を捨てたわけでもない、ステルス性に拘り過ぎないのはステルス性を捨てたわけじゃない。有効ステルスに気が付いただけですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です