[陸上自衛隊]日本のAH-64Dアパッチロングボウ攻撃ヘリ!価格,調達中止?

最強の攻撃ヘリとして評価されているAH-64Aアパッチの能力向上型のAH-64Dアパッチロングボウ。陸上自衛隊ではAH-1Sコブラの後継機として採用されましたがわずか13機の調達で終了しました。不可解な運命を辿った陸上自衛隊の最新鋭攻撃ヘリについて見ていきましょう。

 

s__2_-2

続きを読む [陸上自衛隊]日本のAH-64Dアパッチロングボウ攻撃ヘリ!価格,調達中止?

[陸上自衛隊]OH-1観測ヘリコプター!ニンジャ,NINJA,宙返り,重武装化,海外反応?

陸上自衛隊が運用する国産の観測ヘリコプター「OH-1」。敵陣の情報収集にあたる偵察機であることから「ニンジャ(NINJA)」の愛称で知られています。陸自が保有する現代の忍者について見ていきましょう。

 

s__2_

続きを読む [陸上自衛隊]OH-1観測ヘリコプター!ニンジャ,NINJA,宙返り,重武装化,海外反応?

[海上自衛隊]次期対空ミサイルをNATOと共同開発を検討?

海上自衛隊の次期対空ミサイルをNATOと共同開発するという話が流れています。構想としては日本がNATOの開発プログラムに参加する形となり、日本とNATOのさらなる連携強化が見込まれます。装備の開発コストが高騰する中、共同開発はそれを克服する道として注視されています。

 

IMG_3328

続きを読む [海上自衛隊]次期対空ミサイルをNATOと共同開発を検討?

北大西洋条約機構NATO軍とは?即応部隊,加盟国,軍事力,ロシア,弾?

ロシアによるクリミア併合や東部ウクライナの情勢などを受けてNATO、正式名称「北大西洋条約機構」という言葉はニュースなどで度々耳にしますね。今回は再び重要度が増しているNATOについて考察していきましょう。

 

20150707_collective-defence-img2_rdax_375x246

続きを読む 北大西洋条約機構NATO軍とは?即応部隊,加盟国,軍事力,ロシア,弾?

[海上保安庁]予算増額!警備体制強化と尖閣専従部隊の創設?

昨年11月の小笠原諸島沖での中国漁船の大群による大量の密漁問題で一気に注目を集めた領海警備ですが、海上保安庁の今年度予算は増額となり、警備体制の強化が期待されます。領海警備の重要度が年々高まる中、海上保安庁の予算増額と警備能力の強化は喫緊の課題となっています。

 

s_PLH09

続きを読む [海上保安庁]予算増額!警備体制強化と尖閣専従部隊の創設?