[航空/陸上自衛隊]CH-47J/JAチヌーク輸送ヘリコプター!後継機,性能,いせ?

近代戦では機動力、つまり戦力をいかに迅速に送り込んで展開させるかが重要となります。現代では航空優勢の下で航空輸送力を駆使して素早く兵を展開することが勝敗の鍵となるとも言えます。今回はその航空輸送力の要を担うCH-47輸送ヘリ(JとJA型)についてみていきます。

s_photo01

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


CH-47はアメリカ軍が兵員に加えて火砲や車両をも輸送するために開発した大型輸送ヘリコプターです。初飛行が1961年という古いヘリですが、改良を重ねて現在も各国で現役の輸送ヘリです。愛称である「チヌーク」はアメリカの先住民の一族である「チヌーク族」に由来しています。日本では1986年から川崎重工業によってライセンス生産されており、陸上自衛隊では55機が運用されています。航空自衛隊でも主に僻地にあるレーダー基地などに物資を補給するための輸送手段として現在も15機ほどが運用されています。陸上自衛隊のCH-47にはJ型とJA型の二種類があり、後者は前者の改良型となります。JA型は航続距離が伸びており、気象レーダーの搭載などの性能の向上が図られているため夜間における作戦能力がJ型よりも高いとされています。

 

⚪︎性能:CH-47JA

img_02_s

全長(胴体部のみ):15.88m

全幅:4.78m

速度:時速260~70km

航続距離:1,040km

実用上昇限度:2,700m

乗員:3人+55人

 

武装は基本的に搭載されていませんが、近年は海外派遣任務の増加から12.7mm重機関銃や5.56mm機関銃を付け加えることが可能な機体もあります。さらに、これらの改修機体には防御システムとしてのチャフやフレア放出機能も付属しています。CH-47J/JAは前線に最大55人の兵員のみならず、火砲や車両も空中輸送することができます。この大きな輸送力は離島奪還作戦においても重宝及び期待されることが間違いなく、おおすみ型輸送艦に加えてひゅうが型やいずも型護衛艦でも運用することが可能です。

 

s_%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%8825-01-15%e3%80%80%e5%a4%a7%e8%87%a3%e3%83%bb%e7%ac%ac%ef%bc%91%e7%a9%ba%e6%8c%ba%e5%9b%a3%e5%88%9d%e5%ba%a6%e8%a6%96%e5%af%9f%ef%bc%88

 

最近では災害派遣でも救助や救援物資の運搬で活躍しており、自衛隊の航空輸送力の要といえます。2013年に発生したフィリピンでの台風被害においては陸上自衛隊のCH-47が海上自衛隊の護衛艦「いせ」を海上拠点にして救援活動にあたりました。このように従来の地上基地のみならず海上におけるヘリ空母を拠点に各種輸送作戦を遂行する能力をCH-47は習得しつつあります。ちなみに配備から年数は経ちますが、後継機に関しては決まっておらず当面は貴重な輸送手段として現役のままとなります。新たに導入するオスプレイを後継機と見なす場合もありますが、輸送力に関してはCH-47の方が優っているため純粋な意味での後継機とはならないでしょう。

 

⚪︎関連記事:

[自衛隊]日本がオスプレイを購入?配備,導入,ひゅうが,画像!

 

⚪︎画像引用元:

www.mod.go.jp/gsdf/ (陸上自衛隊HP)

www.mod.go.jp/asdf/ (航空自衛隊HP)

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です