カテゴリー別アーカイブ: 自衛隊

【国境の島・対馬②】観光,歴史,自然,韓国,自衛隊増強?

国境の島、対馬。最近は韓国人旅行客で溢れており、韓国資本がいくつかの店や宿泊施設を経営しています。「もはや韓国領」と憂う声がある中、実際に地元の人はどう思っているのでしょうか?今回、対馬を訪れて地元住民に出来る限り思いを聞いてみました。微力ながら、その声を届けたいと思います。

続きを読む 【国境の島・対馬②】観光,歴史,自然,韓国,自衛隊増強?

【国境の島・対馬①】観光,歴史,自然,韓国,自衛隊増強?

先日、産経新聞に興味深い記事が載っていました。曰く、長崎県の対馬が韓国人旅行客だらけであり、韓国資本が入り込んでもはや「韓国領」の様相を呈していると。本当ならば、かなり危機感を抱かなければならない事態です。とにかく真偽を確かめるべく、対馬に行ってみました。

続きを読む 【国境の島・対馬①】観光,歴史,自然,韓国,自衛隊増強?

[敵地攻撃能力?]自衛隊の島嶼防衛用高速滑空弾,対艦誘導弾とは?

防衛省が要求する来年度予算の中に新兵器の開発費がありました。気になるその中身は「島嶼防衛用高速滑空弾」と「島嶼防衛用新対艦誘導弾」のための技術研究予算です。長い名前で何やら分かりづらいですが、要するに新型の対地ミサイルと対艦ミサイルです。後者はともかく、前者は自衛隊に敵地攻撃能力をいよいよ本格付与する動きに見えます。

続きを読む [敵地攻撃能力?]自衛隊の島嶼防衛用高速滑空弾,対艦誘導弾とは?

[アメリカ]米海軍が軽空母を導入?日本の海上自衛隊は?対潜,防空?

アメリカ海軍が「軽空母」を新たに導入することを検討しているようです。アメリカの上院軍事委員会で出たこの話によると、現在保有している大型原子力空母とは別にもっと柔軟性と迅速性に富んだ空母を目指しているとのこと。ただ、あくまでアメリカ側から見た「軽」空母なので世界的には十分な「大型空母」となるでしょう。

続きを読む [アメリカ]米海軍が軽空母を導入?日本の海上自衛隊は?対潜,防空?

[防衛省]航空自衛隊が宇宙部隊を新設!宇宙軍,ゴミ,偵察衛星?

防衛省は5年後を目処に航空自衛隊に「宇宙部隊」を新設する方針を明らかにしました。宇宙部隊という名前からはSFめいたイメージを思い浮かべますが、主に宇宙ゴミや敵の衛星を監視するレーダー部隊になるようです。それでも、日本版GPSの構築と合わせてこの分野での進出における大きな一歩となるでしょう。

続きを読む [防衛省]航空自衛隊が宇宙部隊を新設!宇宙軍,ゴミ,偵察衛星?

中国海軍の軍艦が領海侵入! 侵犯との違い,攻撃,撃沈,回数?

7月2日、中国海軍の情報収集艦が津軽海峡を航行して日本の領海に侵入しました。中国海軍による我が国の領海侵入は昨年6月以来3回目であり、国際法的には問題ないとはいえ、気分の良いものではありませんね。さて、領海侵入の目的や領海侵犯との違いとは一体?

続きを読む 中国海軍の軍艦が領海侵入! 侵犯との違い,攻撃,撃沈,回数?

[南西航空方面隊を新設]混成団を格上げ!第9航空団,司令官,警戒管制?

去る7月1日、沖縄県那覇基地にある航空自衛隊の南西航空混成団が方面隊へと格上げされました。方面隊の新設は実に56年ぶりであり、南西諸島の守りを固める上で欠かせない取り組みです。最前線で常に中国軍と対峙し続ける那覇の空自は、まさに現代の防人です。

続きを読む [南西航空方面隊を新設]混成団を格上げ!第9航空団,司令官,警戒管制?

[舞鶴紀行]海上自衛隊基地,海軍ゆかりの地を訪問〜

番外編の紀行記事です。今回は日本の四大軍港の一つである京都府・舞鶴市へとお邪魔しました。明治期より旧海軍、そして海上自衛隊の基地がある街として有名な舞鶴で自衛隊や海軍ゆかりの地を訪ねました。もし、舞鶴や京都府北部を訪れる予定のある方がいれば、ぜひ観光の参考にしてもらえれば幸いです。

続きを読む [舞鶴紀行]海上自衛隊基地,海軍ゆかりの地を訪問〜

[防衛費を2%?]GDP比1%枠,予算の総額明示方式,NATO加盟国?

トランプ政権が誕生してから日本では「防衛費」の増額を巡る議論が再燃しています。トランプ大統領はNATO諸国の軍事費に不満を示しており、いつ日本へも矛先が向けられるか分からないとのことです。ここ数年は防衛費が微増している中、自民党がGDP比2%を参考数値にするとの話が報じられました。果たして実現可能なのでしょうか?

続きを読む [防衛費を2%?]GDP比1%枠,予算の総額明示方式,NATO加盟国?

[自衛隊の人員不足]人数・充足率が少ない?予算や定数を増やせ?

自衛隊は23万人もの人員を擁する巨大な組織です。最近では、災害派遣や海外PKOでの活躍、安全保障情勢の悪化などを受けて自衛官の存在感は高まりつつあります。防衛予算も毎年増額しており、最新の装備も調達されていますが、もっと本質的な問題があります。それは日本経済全般でも言われている「人手不足」です。

続きを読む [自衛隊の人員不足]人数・充足率が少ない?予算や定数を増やせ?