[陸上自衛隊]日本のAH-64Dアパッチロングボウ攻撃ヘリ!価格,調達中止?

最強の攻撃ヘリとして評価されているAH-64Aアパッチの能力向上型のAH-64Dアパッチロングボウ。陸上自衛隊ではAH-1Sコブラの後継機として採用されましたがわずか13機の調達で終了しました。不可解な運命を辿った陸上自衛隊の最新鋭攻撃ヘリについて見ていきましょう。

 

s__2_-2

AH-64Dは「アパッチロングボウ」の愛称で知られている攻撃ヘリコプターであり、アメリカ陸軍が運用していたAH-64Aを第二世代アパッチへと改良したものです。AH-64Aよりも情報処理能力や通信能力、レーダーの探知・識別能力が大幅に向上しています。

 

⚪︎性能諸元:AH-64D

全長:17.76m

高さ:4.95m

巡航速度:時速276km

超過禁止速度:時速364km

航続距離:490km(機内燃料のみの時)

乗員:2名

価格:1機あたり約52億円

兵装

・固定武装:30mm機関砲

・通常武装:対戦車ミサイル、空対空ミサイル、ロケット弾

 

新たに搭載されたロングボウ・レーダーは多数の目標を同時捕捉した上で脅威の高い順に表示された対処優先リストを作成してパイロットのディスプレイに映し出せます。ロングボウ・レーダーは対空モードで自機の周囲360度、対地モードで自機前方270度の範囲で捜索・警戒にあたれます。

 

s__ICB_4894_R

 

さらに、最新の赤外線技術を使用したセンサーシステム、「アローヘッド」によって乗員は高画質かつ詳細な画像やデータを手元に表示することが可能です。これらのセンサーは交換が比較的容易であり、作戦時における高い安定性と信頼性が期待されます。そして搭載されているエンジンも前級よりも高性能であり、そのため機動性も増しています。

ちなみにパイロットは操縦士が後席に乗り、射撃手(副操縦士)が前の席に搭乗しています。AH-64Dは従来の攻撃ヘリと比べて情報処理能力が高いため、乗員の負担が減っている上に、情報表示の選択やデータ共有などもできます。

 

陸上自衛隊は90機運用しているAH-1Sの後継機としてAH-64Dのブロック2と呼ばれるものを62機調達することを2001年に決定しました。ボーイング社から部品を供給された上で富士重工がライセンス生産することも決まり、配備は特に問題なく進むと思われていました。しかし、ボーイング社がブロック2の生産を終了したため、調達は頓挫。富士重工のみでは1機200億円以上にもコストが跳ね上がることから防衛省はついに当初の62機から一気にわずか13機にまで調達数を減らしました。

 

s__3_

 

結局、13機の導入で終了したAH-64Dは陸上自衛隊の主力攻撃ヘリとなることは叶わず、航空学校や実験部隊、そして九州の飛行隊にわずかに配備されているのみです。実戦を想定した上での運用は主に九州の飛行隊に配備されている数機ですが、他には結局主力となったままのAH-1Sや地上にいる隊員とのデータ共有システム開発のための実験機として運用されています。

この実験は陸上自衛隊が将来的にAH-1Sの代替機として今度はAH-64Eを調達する際のための布石ということも考えられます。いずれにしろ、わずか13機のAH-64Dでは済むはずがないのは確かなので今後に期待です。

 

関連記事:

[陸上自衛隊]OH-1観測ヘリコプター!ニンジャ,NINJA,宙返り,重武装化,海外反応?

[陸上/海上/航空自衛隊]UH-60J!近代化,空中給油,後継,価格,画像?

 

画像引用元:www.mod.go.jp/gsdf/(陸上自衛隊HP)

 

 

1  2 ・・・次のページ

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です