[陸上自衛隊]96式装輪装甲車改を開発!評価,ii型,WAPC,価格,後継,製作?

戦場で隊員を防護・支援しながら、輸送する96式装輪装甲車ですが、この度後継車となる「改良型」の開発が決定しました。駆け付け警護など海外での高リスクな任務も増える中で、隊員や非保護民を安全に輸送する手段としての装甲車は不可欠です。

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


96式装輪装甲車

96式装輪装甲車は陸上自衛隊の兵員輸送用の装甲車であり、キャタアピラーを使う車両と比べて整地されている路面での運用は簡単かつ迅速です。隊員の間では「96」や装輪装甲兵員輸送車の英語版を略した「WAPC (Wheeled Armored Personal Carrier)」の愛称で親しまれているようです。8個の大型タイヤを装備しており、パンクしても一定の走行が出来るように設計されています。戦場に隊員を輸送することが主目的なため、防御用の装甲が施されており、銃弾の直撃や砲弾の破片などには耐えることができます。戦闘用の装備を持った隊員を10名ほど搭載可能で、NBC(放射能、生物・化学兵器)への対策としての空気清浄機もあります。

武装は車体上部に40mm自動擲弾銃か12.7mm重機関銃を設置可能で、主に前者を搭載したタイプが多数を占めます。後者の改良型(ii型と呼ばれる)はイラクに派遣された部隊に配備され、装甲の強化や重機関銃の弾倉の大型化などが行われました。

 

○基本性能:96式装輪装甲車

全長:6.84m

幅:2.48m

高さ:1.85m

重量:14.5t

乗員:2名

輸送可能人数:10名(戦闘装備時)
12名(通常時)

速度:時速100km

行動距離:500km

価格:1両あたり約1億円

調達数:389両(2016年時点)

製作開発元:小松製作所

 

装輪装甲車改

96式装輪装甲車は他国の装甲車と比較しても大きく見劣りするものではありませんが、昨今の安全保障情勢の変化を受けて新たな後継車の必要性が増しています。陸上自衛隊は今後、離島奪還や海外での新たな任務(駆け付け警護や邦人保護)を担いますが、それに合った装備の開発が必要となります。特に装甲車は紛争地帯や有事の際の迅速かつ安全な輸送に不可欠であり、96式装輪装甲車は拡張性と防御力に限界があります。

そこで多種多様な任務に使えるマルチな装甲車として防衛装備庁は装輪装甲車(改)の開発を正式発表しました。既に小松製作所による試作車両が完成されており、防衛装備庁のホームページで詳細が公開されています(防衛装備庁のリンクは本ページの一番下を参照)。

(参考記事:防衛装備庁を来夏新設!装備品の研究開発を一元化?

 

 

今後は性能を測定するための実験を繰り返し、早期の量産と配備を目指すものと思われます。値段は1億円ほどと思われ、開発コスト削減のために基本的な設計と部品は既存の96式装輪装甲車に沿っているため見た目に大きな変化はありません。しかし、乗員の安全性を高めるために任務に合わせて外の装甲を追加・強化できる仕組みを採用している上に車体は96式より大型化しています。さらに、上部に設置される擲弾銃や機関銃は無人化されており、乗員が外に自身を晒さずに車中から遠隔操作できるようになっています。そして車体の下は「V字型」になっており、地雷などの爆発と爆風に対する乗員の生存性を上げる設計です。このように新型装輪装甲車は防御力を高め、各種任務に合わせて車体を修正・加工できるようになっています。生存性を上げるために多機能化を図ったということでしょう。

 

画像引用元:www.mod.go.jp/atla/index.html (防衛装備庁HP)

www.mod.go.jp/gsdf/ (陸上自衛隊HP)

 

1 2  ・・・次のページ

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です