[陸上自衛隊]74式戦車改!エンジン,評価,内部,装甲厚,価格,値段,災害派遣?

長年にわたって陸上自衛隊の主力戦車として運用されてきた74式戦車。名前の通り、1974年から調達が開始されたこの戦車は40年経った今も本州を中心として部隊に配備されています。陸上防衛力を長期にわたって支えてきた74式戦車を振り返ってみましょう。

8465384154_f91e2c14b9

74式戦車は61式戦車の後継として1964年から開発が進められ、10年後の1974年から調達されました。調達は1989年まで続けられ、計873両が調達されました。

 

○性能諸元:74式戦車

全長:9.4m

車幅:3.18m

重量:38t

乗員:4名

速度:時速58km

行動距離:300km

主砲:51口径105mmライフル砲

副武装:7.62mm機関銃×1
12.7mm重機関銃×1

価格:3.9億円(量産型)

 

主砲はイギリス製のライフル砲L7A1を日本製鋼所がライセンス生産したものであり、徹甲弾と榴弾の両方を射撃できます。安定化装置も搭載しており、車体が傾いても主砲は安定的に射撃できるようになっています。

機関銃用の弾薬を12.7mm用に600発、7.62mm用に4500発搭載しています。その他にも短機関銃や64式小銃、手りゅう弾なども常備しています。これは戦車から乗員が脱出した際に護身用に携帯する装備です。

 

74式戦車 24.8.26 富士総合火力演習74TK_004_R

 

防御力に関しては溶接構造で装甲を製造しており、被弾した際に弾を受け流すために流線型の車体設計となっています。曲線の多い流線型は敵弾を滑らせて受け流したり、衝撃を和らげる効果があります。

車体前面の装甲は180mm以上あり、ドイツ陸軍のレオパルト1よりも厚い設計となっています。側面は35mm、後方は25mmとなっており、当時の西側諸国の主力戦車と同等程度の性能でした。

車体はかなり狭く、乗員4名は左右に2名ずつ配置されるというようになっています。油気圧サスペンションによって姿勢を変更することが可能であり、高さは上下20cmほど調整できます。前後に6度、左右に9度ずつ車体を傾けることができ、地形を巧みに利用した姿勢制御が可能です。

800px-Japanese_Type_74_Tank

 

途中から新たな装備としてアクティブ投光器が赤外線フィルター付きで付与されており、かなりの光量で照らすことが可能です。この装備は雲仙普賢岳における災害派遣で火砕流への警戒監視のために使用されました。大光量を誇るこの装備で現場を照らし、火砕流の発生に対する警戒監視に大いに貢献しました。

このように74式戦車は災害派遣で使われることもしばしばありました。最近では2011年の東日本大震災において福島第一原発で放射能で汚染された瓦礫を撤去するために派遣されました。74式戦車の前方にブルドーザーに装備されている排土板を付けて瓦礫を撤去しました。74式戦車は放射線汚染に対する防護力も保有しているため白羽の矢が立ちました。

 

10219190304_426b6e8c60_c

 

74式戦車は何回かにわたって改修が施されており、射撃管制装置の近代化や新型砲弾の搭載などが実施されています。そのため、攻撃力は登場時よりは大幅に向上しており、燃費を向上させるための改良エンジンの研究もなされています。

しかし、総合的に見た場合の老朽化は否めず、後継の10式戦車への移行が進められています。更新は2011年から進められており、1年間で40両近くが退役しています。「ナナヨン」という愛称で親しまれ、長きにわたって陸上自衛隊の主力戦車として日本の本土防衛に貢献してきた74式戦車は最新の10式戦車にその座を譲り、任務を託します。

 

関連記事:

10式戦車の性能!海外・韓国反応,K2,ヤキマ,輸出?

 

画像引用元:http://www.mod.go.jp/gsdf/

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です