トマホーク巡航ミサイルとは?値段,価格,射程距離,威力,破壊力,動画,日本,自衛隊?

アメリカ軍が運用している「トマホーク」は巡航ミサイルの傑作と評されており、優れた性能を誇ります。長年にわたって配備されており、運用実績は高く、特に対地攻撃においてアメリカ軍の軍事作戦に貢献してきました。

 

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 トマホーク巡航ミサイル 値段 価格 射程距離

「トマホーク」は主にレイセヨン社が開発した巡航ミサイルであり、高い性能と実績を持っています。開発は1970年代にスタートして、1980年から対地・対艦攻撃用の兵装として前線に配備され始めました。

 

トマホーク・ミサイルは使用する目標によって主に2種類あり、対艦攻撃用、対地攻撃用に分類されます。

 

○性能諸元:トマホーク巡航ミサイル(基本)

全長:5.56m

直径:0.52m

速度:時速880km

エンジン:ターボファンエンジン

 

対艦攻撃用のトマホークはハープーンミサイルの誘導システムを応用しており、敵艦艇の発する電波を探知するパッシブ式とトマホーク自体に内蔵されたレーダーで探索するアクティブ式を併用して目標に向かいます。対艦攻撃用のトマホークは射程460km以上ありますが、1発あたりの価格が1.5億円以上するため現在は引退しています。

対艦攻撃用のトマホークは射程と弾頭量などの面で優れた性能を持っていましたが、1発あたりのコストが高すぎるため、比較的廉価なハープーンミサイルに完全移行しました。

 

 

対地攻撃用のトマホークは様々なバージョンがありますが、最新のタクティカル・トマホークは射程が3000kmもあります。タクティカル・トマホークは部品の見直しなどで1発あたり約7000万円という価格になっています。その他のバージョンは1200~2500kmの射程距離となっています。

基本的には水上艦のランチャーやVLSから発射されますが、潜水艦からも発射可能です。発射されたトマホークはTERCOM(地形等高線照合システム)と搭載されているレーダー地図や慣性航法システムを使用して目標に向かって進みます。そのため、地形を利用した飛行を可能であり、発見しにくくなるようになっています。

 

しかしトマホーク・ミサイルは巡航ミサイルであり、亜音速の速度で飛行するため、ミサイルとして比較的迎撃が容易な部類に入ります。そのため、発見される確率を少しでも減らすために夜間に発射されることが多いです。

それでもTERCOMなどの誘導システムのおかげで誤差6mという高い命中率を誇るので今でも有効な攻撃手段として多く使用されています。現在でも中東の騒乱や戦乱などにおける対地攻撃のために洋上に展開したイージス艦から発射されます。

 

 トマホーク 威力 破壊力 日本 自衛隊 動画

トマホーク・ミサイルは様々なバリエーションがあるため、その威力も多岐にわたります。弾頭を変更できるので破壊力は搭載されている弾頭の種類によって変わってきます。トマホークには核搭載型もありましたが、現在は引退しています。しかし、トマホークという部類で考えた場合はこの核弾頭搭載型が一番の破壊力を保有していたのは明らかです。

同じく引退している対艦攻撃型は着弾による破壊とその後の延焼で艦の機能を喪失させる能力を持っていました。その破壊力は凄まじく、1発で通常の艦艇はもちろんのこと、大型艦も戦闘不能に陥ります。

 

 

現在運用されている対地攻撃型の中には通常弾頭の他に戦車や装甲車などの車両を広範囲で破壊するために子爆弾を100個以上内蔵したものがあります。広範囲にわたって甚大なダメージを与えることができます。

さらに、地下の目標を攻撃するための強化徹甲弾頭を搭載したものもあり、地下陣地の破壊などに使用されます。

 

トマホークの動画は⇒コチラ

コチラ②

 

さて、トマホークは主に米軍で運用されていますが、日本の自衛隊でも導入する話がしばしば検討されてきました。実際、レイセヨン社が日本の防衛省に売り込みに来たという話もあり、アメリカとしては日本はトマホークの有力な売り込み先なのでしょう。

今後は自衛隊も島嶼防衛が最重要課題となり、離島奪還における対地攻撃能力の付与は必要となってくるでしょう。そのため、対地攻撃任務で実績と信頼性のあるトマホークの導入を検討すべきかと考えます。

 

 

画像引用元:http://www.raytheon.com/ (レイセヨン社HP)
http://www.navy.mil/ (アメリカ海軍HP)

 

1 2 ・・・次のページ

 

スポンサードリンク

「トマホーク巡航ミサイルとは?値段,価格,射程距離,威力,破壊力,動画,日本,自衛隊?」への1件のフィードバック

  1. 巡航ミサイルにエンジンは必要ないですよ。JSDFが独自にラムジェット式の巡航ミサイルを開発するべきでしょう。現代戦の勝利のカギは巡航ミサイルの命中精度ではなく「巡航ミサイルのレインジと破壊力でしょう。」中国の空港兵站、特にハンガーやタワーに落ちればよい程度の命中精度で十分ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です