【米軍】ジョイントエアシ‐バトル構想とは?背景,オフショアコントロール?

中国軍が進めているA2AD戦略と第一列島線及び第二列島線の確保。これに対して米国防総省は新構想を立案:エアシーバトル構想(ASB)。果たしてこのエアシーバトル構想とは何なのでしょうか?

RIMPAC

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


前回の記事において中国人民解放軍、特に中国海軍が現在進めている
※A2AD(接近阻止、領域拒否)戦略について説明しました。このA2AD戦略に対してアメリカ軍は自身を排除する目的であると自覚しており、対抗策としてエアシーバトル構想なるものを考案しました。エアシーバトル構想の立案には中国軍による米軍の排除目的が背景にあったのです。

 

エアシーバトルの最も重要な目的は公海における航行の自由を守ることです。つまり、米国の掲げる「公海における自由航行の原則」を護持して、経済活動の安全を確保するものです。要するに米軍を「阻止・拒否」しようとする中国軍の目的と能力を挫き、米軍の優位を保持する構想です。

 

このエアシーバトル構想の重要な要点としては

  1. 海空軍を中心とした統合作戦能力の強化
  2. 統合指揮系統の防護
  3. 長距離攻撃能力の向上

統合作戦能力については海軍と空軍を主体とした統合作戦を遂行して連携力、そして作戦遂行能力を大幅に効率化しようというものです。例えば、海空に加えて海兵隊、陸軍、宇宙、サイバーにおける部隊を統合指揮・運用。さらには同盟国との連携力をより強化して有事の際には迅速に統合作戦を遂行できるようにする。

 

この統合された部隊を効率的に運用するためや敵のサイバー攻撃・新兵器による指揮系統分断、混乱を避けるために統合指揮系統の防護も重視しています。具体的には指揮系統をはっきりさせ、サイバー攻撃に対する防衛や対抗を万全にして混乱を未然に防ぐなどに重点を置くようです。

 

 

 

長距離攻撃力の向上は米軍を排除しようと目論む敵のミサイルの射程外からそれを叩いて無力化するという構想です。いわゆる、旧日本海軍がマリアナ海戦で実施した「アウトレンジ戦法」ですね。敵ミサイルの射程外からその発射基地や拠点を攻撃して無力化、米軍の優位と航行、飛行の安全を確保する。これがこの構想の重要な意図の一つです。この目的を達成するためにステルス機や長距離爆撃機(有人・無人の両方)の新規開発などが計画されています。

 

B-2ステルス爆撃機

1024px-B-2_Spirit_original

 

つまり、エアシーバトル構想とは中国軍の米軍に対する攻撃能力、排除能力を海軍と空軍を主体とした統合作戦によって撃破しようというものです。具体的には中国軍のミサイルや発射基地を海空軍主体による共同作戦によって麻痺させる。その後、重度な脅威となりうる軍事拠点に対して海空による支援の下、海兵隊や陸軍による制圧、破壊作戦が行う。

 

 

海空軍による連携・共同作戦を遂行するためには相互のデータリンクがカギを握るとも言われています。つまり、ステルス空軍機によって得た敵拠点の情報を海中に潜んでいた原子力潜水艦に通達。その後、原潜より対地ミサイルが発射され、そのミサイルの目標誘導や情報更新をステルス機が担当するというものです。この一例は米軍のいわゆる「新アウトレンジ戦法」が長射程や航続力に頼ったものではなく、ステルス機や原潜という高性能兵器による侵入作戦でもあることを表しています。こうしてデータリンクによって確実に目標を無力化するなどの作戦効率を向上させる狙いです。

 

ステルス戦闘機F-22

250px-F-22_Raptor_-_100202-F-7443P-551

 

原子力潜水艦

US_Navy_040730-N-1234E-002_PCU_Virginia_(SSN_774)_returns_to_the_General_Dynamics_Electric_Boat_shipyard

 

陸海空、宇宙・サイバーにおける個々の高性能な兵器や装備をデータリンクやネットワーク構築によってさらに能力を高め、無駄なく統合された攻撃力を発揮するものです。未だ、ペンタゴンで多くの議論を呼んでいるこのエアシーバトル構想ですが、厳しい予算の制約もあるアメリカ軍がこれを実現、的確に運用できるかは疑問ですね。

 

実現性に疑問が湧いてきたエアシーバトル構想に対して新たに「オフショア・コントロール」なる構想を主張する者もいます。ここでは簡潔に記すに留めておきますが、これは第一列島線内の島嶼を支配、防衛して中国軍の覇権を許さない。空域と海域を揺るぎなく支配することによって経済的窒息感を与えるというものです。

Colonel T. X. Hammes, U.S. Marine Corps (Retired)
(Proceedings, Vol. 138/12/1,318, December 2012.)

詳しくは⇒コチラ

 

画像引用元:http://www.navytimes.com/

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です