[海上自衛隊]日本のイージス艦あたご・こんごう!性能,一覧,8隻?

古代ギリシア神話で「神の楯」という意味の「イージス」。その神の楯であるシステムを搭載するイージス艦は海上自衛隊の中でも花形であり、日本を護る楯となります。現代海軍では最高峰の性能を誇るイージス艦ですが、海上自衛隊のイージス艦は果たしてどのような性能を持っているのか?

 

178_16l

海上自衛隊のイージス艦

日本の海上自衛隊は多くの護衛艦を保有していますが、その中で「花形」として位置づけられるのがイージス艦です。イージス艦とはアメリカが開発したイージスシステムを搭載している艦艇です。

イージスシステム

  • 広範囲かつ正確な索敵能力
  • 高速・正確な情報処理能力
  • 多目標に同時対応できる対空能力

上記の特徴を有する高性能な装置なイージスシステムです。このシステムはイージス戦闘システムの中核として機能し、広範囲の索敵ができる強力なレーダーを使用します。これで敵を発見・識別して優秀な対空防衛システムによって対処します。一般的に、約10個近い目標と同時に交戦できるとされており、他の艦艇と比べると非凡な能力を保有しています。

USS_Sterett_(DDG-104)

米海軍のイージス艦

分かりやすくするために、モグラ叩きで例えます。今まで同時に叩けたのは2匹のモグラだとしましょう(実際に手は二つしかないですもんね)。しかし、イージス艦は200匹のモグラを探知して脅威の高いものを識別した後、10匹以上を同時に叩きます。こうしてみると彼我の性能は歴然ですね。従来の軍艦と比べるとまさに化け物じみた艦です。

 

こんごう型イージス艦の性能

海上自衛隊はイージス艦を1993年から保有しており、「こんごう型」と最新の「あたご型」の2種類を運用しています。

 

○性能諸元:こんごう型イージス艦

173_11l

基準排水量:7,750t

満載排水量:9,485t

全長:161m

速力:30ノット以上(時速55.5km以上)

航続距離:6,000海里(20ノット時)
11,112km(時速37km時)

乗員:300人

兵装:54口径127単装速射砲×1
高性能20mmCIWS×2
Mk.41 VLS(29+69セル)
ハープーンミサイル4連装発射筒×2
3連装短魚雷発射管×2

艦載機:着艦は可能

 

「こんごう型」は就役してから20年近く経ちますが未だに海上自衛隊の主力として日本の防衛にあたっています。垂直発射型のVLSを前と後ろの甲板に配置しており、アスロック対潜ミサイル、SM-2対空ミサイル、そして弾道ミサイル防衛用のSM-3を発射できます。「こんごう型」の索敵範囲は約450kmと言われており、同時に6~10個の対空目標に対応可能とみられています。

173_05l (1)

 

「こんごう型」が計画された時、日本にとって最大の脅威はソ連軍でした。ソ連海・空軍による対艦ミサイルの飽和攻撃から艦隊を守るために同時に多数の目標に対応できるイージス艦の導入を決めたのです。しかし、1番艦の「こんごう」が就役した1993年にはソ連は崩壊済みでした。そのため、イージス艦不要論が出始めたのです。最大の脅威が過ぎ去り、冷戦後の平和ムードが世界を席巻していたからそうした意見が出るのも分かります。

しかし、結局世界は平和になりませんでした。1990年代の北朝鮮による弾道ミサイルの脅威を受けてミサイル防衛という課題が浮上します。そのために、こんごう型イージス艦に白羽の矢が立ちました。こんごう型は全部で4隻ありますが、全てが弾道ミサイルに対処できるように改修されており、迎撃試験でも概ね成功しています。

 

あたご型イージス艦の性能

さて、次は最新の「あたご型」について見ていきましょう。

○性能諸元:あたご型イージス艦

177_02l

基準排水量:7,700t

満載排水量:10,000t

全長:165m

速力:30ノット以上

乗員:300人

艦載機:1機

兵装:62口径5インチ単装砲×1
高性能20mmCIWS×2
Mk.41 VLS(64+32セル)
90式対艦ミサイル4連装発射筒×2
3連装短魚雷発射管×2

 

「あたご型」は「こんごう型」と比べてステルス性を高めた外観となっており、艦橋の上にあるマストや主砲がステルス形状を採用しています。建造時から弾道ミサイルに対する索敵・追尾能力が付与されていましたが、迎撃能力は持っていませんでした。そのため、現在は弾道ミサイルを迎撃できるように改修されており、いずれ「こんごう型」と同様に迎撃試験に挑むでしょう。

戦闘指揮所(CIC)の他に司令部作戦室(FIC)が設置されており、指揮統制能力に関してはこんごう型よりも優れています。イージスシステムはこんごう型よりも新しいベースライン7.1ですが、こんごう型も改修でバージョンアップしており、決定的な差はないものと思われます。

 

 

あたご型は優れた対空戦闘能力を保有しており、同時に12発の対空ミサイルを誘導可能と言われています。主砲はアメリカ海軍が標準装備するMk.45 Mod4 62口径5インチ単装砲を搭載しており、こんごう型と違ってイージスシステムに統合されています。この主砲はGPS誘導砲弾も射撃でき、最大116kmもの射程を誇ります。

さらに、「あたご型」は「こんごう型」と違って艦載機を収容する格納庫を設置しており、運用能力を持っています。哨戒ヘリ1機を格納・運用可能ですが、予算の関係からか、常時搭載はされていません。しかし、安倍政権によって防衛費が増額したため、哨戒ヘリの増強が図られて搭載される可能性があります。

 

177_11l

 

日本のイージス艦は基本的に1隻あたり1200~1400億円のコストとなっています。これは通常の護衛艦と比べると数倍の価格であり、維持費も高額です。しかし、イージス艦の高い性能は海上自衛隊の増強と日本の防衛において重要な役割を果たしていると言えるでしょう。「あたご型」は「あたご」と「あしがら」の2隻が建造、配備されており、これで海上自衛隊のイージス艦は6隻となりました。以下が現段階で海上自衛隊が保有するイージス艦の一覧です。

 

  • こんごう型

173_09l (1)

・こんごう-1993年就役
・きりしま-1995年就役
・みょうこう-1996年就役
・ちょうかい-1998年就役

 

  • あたご型

177_18l

・あたご-2007年就役
・あしがら-2008年就役

 

「あたご型」は2隻のみの建造で一旦は終了しましたが、安倍政権でイージス艦の増強を決定しており、2隻が追加建造されます。平成27年度の予算に3番艦の建造費と4番艦のイージスシステム取得費が盛り込まれました。この増強によって日本のイージス艦は8隻体制となり、世界的にみてもかなり強力な海軍力となります。

イージス艦2隻増強で8隻体制へ!

 

 

○参照・関連記事

イージス艦SM-3!命中率,射程,性能,値段,ブロック2A,動画?

 

画像引用元:http://www.mod.go.jp/msdf/(海上自衛隊HP)

http://www.navy.mil/(米海軍HP)

 

1 2 ・・・次のページ

 

スポンサードリンク

「[海上自衛隊]日本のイージス艦あたご・こんごう!性能,一覧,8隻?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です