[航空自衛隊]飛行教導群/アグレッサー隊!パイロット,伝説,実力,逸話,マーク?

航空自衛隊の戦闘機パイロットは厳しい訓練や長い飛行経験を蓄積した精鋭ですが、その中でも特に「精鋭中の精鋭」として有名なのが「飛行教導群」、通称「アグレッサー部隊」です。戦闘機訓練において仮想敵機の役割を担うこの部隊は選ばれた特に優秀なパイロットしか配属されない最強の部隊です。

 

hikilyougun

飛行教導群は航空自衛隊の各戦闘機パイロットの技量向上のために飛行技術を教える部隊です。各戦闘機部隊との訓練では「仮想敵機」つまり、敵役を務めることから「アグレッサー」との異名を誇ります。敵役を務めるために各国(主に中露などでしょうが)の戦闘機の戦法や飛び方を研究してそれに似た飛行を訓練の場で行うことでより実際のスクランブル発進や実戦に近い状況を作り出します。塗装も通常の戦闘機部隊と違う目立ちやすい色やデザインであり、シンボルマークも「コブラ(上記サムネイル)」や「ドクロ」などを採用しています。

飛行教導群は現在は小松基地に拠点を置いており(以前は九州の新田原基地)、戦闘機部隊と同じF-15戦闘機を使用してアグレッサー役を担っています。基本的に飛行教導群は各地にある戦闘機部隊の基地に出向いて教えたり、訓練を施す「巡回指導」を行っています。年間100日にもなるこの巡回指導では各地のパイロット達に自分の培った技量や経験を教えて空戦という状況において「強く」なるように指導します。

 

320px-jasdf_aggressor_f-15

 

そのために飛行教導群のパイロット達は航空自衛隊の選りすぐりであり、技量・人格ともに特に秀でた者しかなれません。自ら志願してもなれるわけではなく、所属する部隊長からの推薦や飛行教導群側がスカウトするという形でしかアグレッサーにはなれません。まさに誇りある選抜というべき部隊です。空戦における瞬間的かつ冷静な判断力、過酷な重力(G)に長時間耐える強靭な肉体、「最強の部隊」であるがゆえのプレッシャーに打ち勝つ精神などが求められる飛行教導群はある意味「常人」を超えた猛者の集まりと言えるでしょう。

航空自衛隊の各戦闘機部隊は高い技量と豊富な経験を持ったパイロットが揃っていますが、それら優秀なパイロットですらアグレッサー部隊の前にはあっけなく撃墜判定を受けるという伝説があります。米空軍との模擬戦闘でも米軍側が驚愕するほどの飛行技術を披露したとの逸話もあり、飛行教導群は日本最強の戦闘機パイロット集団でしょう。

 

⚪︎関連記事:

[航空自衛隊]F-15J戦闘機!動画,画像,性能,価格!近代化改修?

画像引用元:www.mod.go.jp/asdf/ (航空自衛隊HP)

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です