[陸上自衛隊]89式装甲戦闘車!戦車との違い,防御力,性能,後継,価格?

一般人が見れば一見「戦車」と見間違えそうな89式装甲戦闘車。日本初の歩兵戦闘車として1989年から導入され、戦車と共に行動しながら歩兵の火力支援を担当します。しかし、高価なことが災いし、配備数がごく少数であるため、戦車よりも貴重な装備となっています。ある意味、レアな89式装甲戦闘車について見ていきます。

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


一見すれば戦車のように見える89式装甲戦闘車ですが、前線まで歩兵を運び、積極的に火力支援を行うのが主任務です。戦車は主に敵戦車の撃破を主目的としています。歩兵戦闘車はいわば、輸送車と軽戦車の折衷車両のような存在です。有事の際には、最前線まで歩兵を運搬して支援を行うため、強力な火力と装甲を備えているのが特徴です。

 

○性能:89式装甲戦闘車

全長:6.8m

最大幅:3.8m

高さ:2.5m

重量:26.5t

速度:時速70km

乗員:3名 +歩兵7名

兵装:35mm機関砲×1
7.62mm機関銃×1
対戦車・対舟艇ミサイル×2( +予備2発)

価格:1両あたり6〜7億円

 

設計に関してはアメリカ陸軍のブラッドレー歩兵戦闘車を参考にしており、見た目も似ています。武装に関しては強力な35mm機関砲を備えており、破壊力は申し分ないでしょう。そして、対戦車・対舟艇用のミサイルを2発、内部に予備弾2発を搭載しており、敵の戦車や上陸艇を撃破する能力を持っています。基本的に戦車に同伴する前提であり、共同して敵機甲部隊を撃破したり、味方を支援しながら敵の歩兵に打撃を与えます。

防御力に関しては74式戦車の車体よりも強い装甲を備えており、内部にいる歩兵を守ります。敵からの銃撃にはもちろん耐えることができ、歩兵戦闘車としての防御力は十分でしょう。さらなる特徴として、中にいる隊員が銃を突き出して外を銃撃できるガンポートが7箇所あり、防弾ガラスが使用されています。

 

 

戦車とともに歩兵の頼もしい助っ人である89式装甲戦闘車ですが、難点は価格が高いことです。1両6〜7億円という高さがネックとなり、配備数はわずか68両です。既に10年以上調達されていないため、今後新たに調達されることはないです。そのため、北海道の一部の部隊を除いてはわずかに富士学校に配備されているのみです。これは自衛隊の装備全般について言えることですが、せっかくの性能を持ちながらも価格が異常に高いために十分配備できないのはもったいない限りです。

なお、後継車に関しては人員輸送型の近接戦闘車という構想があります。しかし、具体的な計画は何も決まっておらず、離島防衛にシフトしている状況を考えれば近い将来の配備はないでしょう。ただ、16式機動戦闘車が開発を終えたので、開発構想だけでも新たな動きがあるかもしれません。

 

画像引用元:www.mod.go.jp/gsdf/(陸上自衛隊HP)

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です