[陸上自衛隊]最強の富士教導団!?富士学校,エリート,教育隊,有事,?

陸上自衛隊の目玉企画である「富士総合火力演習」。毎年8月に行われるこの大規模な演習は抽選で選ばれた一般人にも公開され、最も人気のある自衛隊イベントの一つです。戦車やヘリなどの装備が多数参加するこの演習は「富士教導団」という部隊が担当します。あまり聞きなれないこの部隊とは?

陸上自衛隊は富士山の麓に広大な訓練場と駐屯地を持っています。ここに富士学校と呼ばれる防衛省直轄の機関があり、教育訓練を行います。主に歩兵、砲兵、機甲(戦車)の相互共同訓練などを指導し、指揮官や下士官の育成にも努めます。いわば、各部隊から選抜された隊員や幹部候補生に実際に部隊を率いて指揮させる訓練を行い、評価します。このように、各部隊の長を担う指揮官を育て上げる教育を行なっています。

この富士学校の直轄部隊として「富士教導団」があります。富士教導団は富士学校の中核を担う教育支援部隊であり、最新鋭の装備を保有することで有名です。富士教導団の中にそれぞれ歩兵、砲兵、機甲部隊の教育訓練を担当する教導隊が存在します。教導隊は将来の指揮官を「教育」「育成」する立場であるため、技量、人格ともに選りすぐりのエリートが揃っています。つまり、航空自衛隊のアグレッサー(教導飛行群)と同じような存在です。

富士学校には最新装備の他にも、部隊を指揮する訓練を評価するための設備が整っています。そして、実際に装備を試し、模擬戦闘を行う広大な訓練場が近くにあります。設備に関しては各種シミュレーターに加えて、リアルタイムで模擬戦闘訓練の様子を確認でき、被害や戦果を評価できるものもあります。戦術データを蓄積し、それを模擬戦闘で使うことで従来よりもはるかに現実に近い訓練が行えます。現在はドローンやデータリンクを使って情報共有と迅速な指揮をするかがカギとなります。そのためには、日頃からこうしたリアルタイムのデータを使ったシミュレーションが必要です。

 

富士教導団の他のお仕事?

 

この富士教導団の本分はもちろん教育訓練であり、そのためにも最新の装備が優先的に配備されています。しかし、最新鋭の装備を保有し、高い技量を誇るからこそ、陸上自衛隊最大の目玉イベントも担当します。毎年夏に行われる総合火力演習は富士山の麓にある広大な訓練場で行われ、一般人、防衛省・政府高官、各国大使館の駐在武官らが見学します。そのため、ミスが許されない状況の中で富士教導団が華麗な技量を見せます。

ここで疑問として上がるのが、「有事の際はどうするのか?」です。普段はいわばコーチ役の富士教導団ですが、有事の際には強力な戦力として必要に応じて出動するようです。前述の通り、最新鋭の装備を持ち、それらを人に教えるだけの技量を持つ富士教導団は有事には強力なタスクフォースや打撃部隊に生まれ変わります。防衛省直轄の部隊であり、他の部隊が持たない装備も多く配備されているため、一種の切り札という存在でしょう。

 

画像引用元:www.mod.go.jp/gsdf/(陸上自衛隊HP)

 

1 2・・・次のページ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です