[陸上自衛隊]輸送防護車MRAPブッシュマスター導入!公開,邦人輸送,性能?

近年、国際的にテロに巻き込まれる危険性が増す中、海外に在住・滞在する日本人の安全確保が課題として浮かび上がっています。現地で脅威に晒されている邦人を確保して安全な場所まで輸送する任務を帯びる現実性が高まってきたため、陸上自衛隊はこの度、輸送防護車を4両導入しました。

ss03_01_1_16

2013年の頭にアルジェリアで起きたテロ事件で邦人が10人も亡くなり、海外における邦人の安全確保が課題として急浮上しました。従来の航空機や船舶による輸送に加えて法改正によって海外で自衛隊が邦人を陸上輸送することが可能となり、海外情勢と合わせて実際にこうした任務を帯びる可能性が高くなっています。そのため、邦人の陸上輸送において路肩爆弾などの脅威を考慮した4両の輸送防護車の導入が決定しました。

 

今回導入された輸送防護車はオーストラリアで開発されたブッシュマスターと呼ばれるMRAP(耐地雷・伏撃防護車両)であり、イラクやアフガニスタンにも投入されたことがあります。実際にイラクやアフガニスタンなどで運用された時に路肩爆弾や地雷に耐えうる性能を発揮しており、乗員の命を救っています。ブッシュマスターは爆風やそれによって飛散する破片から車体と乗員を守るためにV字型の傾斜装甲を採用しています。このV字型の車体は路肩爆弾や地雷に対しては従来の車体よりも効果的であり、乗員の生存率を向上させることで知られています。

 

⚪︎性能:ブッシュマスター

全長:7.18m

幅:2.48m

高さ:2.65m

重量:14.5t

最高速度:時速100km

乗員数:10人

航続距離:800km

価格:約1.7億円

 

導入された輸送防護車は必要に応じて機関銃を取り付けることも可能であり、食糧なども搭載可能のようです。到着した4両の輸送防護車は海外への緊急派遣・展開を受け持つ中央即応連隊に配備されており、昨年12月の訓練で報道陣に公開されました。輸送防護車は航空自衛隊の運用するC-130輸送機や配備予定のC-2輸送機にも搭載できるため、緊急展開にも問題ないと言えるでしょう。さらに、過酷な環境での運用にも耐える強靭性を兼ね備えているため、様々な環境での作戦に投入できます。

 

IMG_6689

 

それでも課題は残されています。実際に邦人の輸送任務に就いた場合は輸送防護車のみならず護衛の車両も必要となります。しかし、現状では護衛車両として投入される可能性の高い軽装甲機動車などは輸送防護車のような耐地雷性を持っていません。さらに、爆風に耐えて乗員の命を救っても破損するであろう輸送防護車からどう輸送任務を継続するかを想定した対策が必要となります。輸送防護車は1両につき8人ほどを輸送できますが、果たしてこれで十分なのかの議論もあります。いずれにせよ、こうした事態を想定した場合、今回導入された4両だけでは不足でしょう。そのため、輸送防護車の配備数と種別(護衛用、救護用などを増やすか、新しい陸上輸送の方法を考える必要性があります。

 

画像引用元:www.mod.go.jp/ (防衛省HP)

 

1 2 ・・・次のページ

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

「[陸上自衛隊]輸送防護車MRAPブッシュマスター導入!公開,邦人輸送,性能?」への2件のフィードバック

  1. 物質の輸送車に工作車両に護衛有れば良いじゃないかな?護衛は出来れば3台他に遊撃用有れば良いかな

  2. あ,ダミー1装甲護衛車2偽装戦車1軽量化遊撃車両1狙撃手3名以上忘れずに(。-ω-)zzz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です