[アメリカ海軍]原子力空母ロナルドレーガン横須賀に配備!性能,被曝?

横須賀を拠点とする在日米海軍第7艦隊に新たに配備される原子力空母「ロナルド・レーガン」が今月到着しました。「ロナルド・レーガン」は5月に本国に帰還した空母「ジョージ・ワシントン」の交替艦として配属されました。アジア太平洋における抑止力とプレゼンス維持の中核を担います。

151001-N-XN177-009 YOKOSUKA, Japan (Oct. 1, 2015) The aircraft carrier USS Ronald Reagan (CVN 76) arrives pier-side at Commander Fleet Activities Yokosuka (CFAY), Japan. Ronald Reagan replaces USS George Washington (CVN 73) as America’s only forward-deployed aircraft carrier. (U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Peter Burghart/Released)

原子力空母「ロナルド・レーガン」はニミッツ級空母の9番艦であり、2003年に就役しました。艦名は未だに人気の高いロナルド・レーガン元大統領に由来しており、本人の存命中に命名されました珍しいケースでした。ニミッツ級であるため、主な特徴は離日した空母「ジョージ・ワシントン」とさほど変わりません。

空母「ジョージ・ワシントン」についてはこちらを参照↓

米航空母艦ジョージワシントン!横須賀,出港,動向,画像,性能?

 

空母「ジョージ・ワシントン」は2008年から2015年5月まで日本に配備されていましたが、日本への途上に火災事故を起こして配備が一時延期となったため、代わりに「ロナルド・レーガン」が西太平洋に展開して日本にも寄港しました。

 

⚪︎性能:空母「ロナルド・レーガン」

151001-N-OI810-005 TOKYO BAY (Oct. 1, 2015) The aircraft carrier USS Ronald Reagan (CVN 76) transits Tokyo Bay en route to Fleet Activities Yokosuka, Japan. Ronald Reagan and its embarked air wing, Carrier Air Wing (CVW) 5, provide a combat-ready force that protects and defends the collective maritime interests of its allies and partners in the Indo-Asia-Pacific region. (U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Nathan Burke/Released)

全長:333m

幅:76.8m

満載排水量:101,429t

最大速力:30ノット(時速55.5km)

乗員:計5,680名

兵装:シースパロー対空ミサイル発射基×2
RAM防空ミサイル発射基×2

艦載機:90機

 

空母「ロナルド・レーガン」は日本とは縁の深い艦であり、2011年3月に発生した東日本大震災において米軍が行った救援活動の中核を担ったことが一番に思い浮かぶでしょう。「ロナルド・レーガン」は米軍による「トモダチ作戦」で主力として東北沖に展開して艦載の救助機体、巨大な飛行甲板、物資輸送力を駆使して救援活動を行いました。

全長333m、排水量10万トンの巨大な艦体とその多数の艦載機は仙台空港が津波で使えない中で洋上の飛行場として機能して多くの救助活動を実施。そして孤立した島々などに救援物資を迅速に届けました。まさに空母が持つ特性を最大限生かした救援作戦でした。しかし、「ロナルド・レーガン」に所属するヘリの乗員が福島第一原発事故の影響で軽度の放射線被曝をするという事態も発生してます。

 

151001-N-OI810-966 YOKOSUKA, Japan (Oct. 1, 2015) Sailors spell out Hajimemashite, nice to meet you, on the flight deck of the aircraft carrier USS Ronald Reagan (CVN 76) as the ship arrives at Commander, Fleet Activities Yokosuka. Ronald Reagan and its embarked air wing, Carrier Air Wing (CVW) 5, provide a combat-ready force that protects and defends the collective maritime interests of the U.S. and its allies and partners in the Indo-Asia-Pacific region. (U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Nathan Burke/Released)

 

「ロナルド・レーガン」は今月初めに横須賀に入港しましたが、乗員は入港に際して甲板に「はじめまして」の一文字を作り(在日米海軍の一種伝統)、配備の意義と任務を広く知ってもらうために一般公開もされました。その際に広報担当官が作成したPVに艦隊コレクションのキャラクターである「赤城」のフィギュアが数秒間登場したことがネット上で一時話題となりました。

そして10月18日に相模沖で実施された海上自衛隊の観艦式に「ロナルド・レーガン」はサプライズゲストとして登場。当初は参加の予定はなかったのですが、たまたま付近を航行中であったため急遽参加したとのことです。観艦式に参加していた一般の人にはかなりのサプライズでした。その後の安倍首相による現職総理として初めての米空母乗艦と合わせて日米同盟の揺るぎない関係を内外に発信したことでしょう。今後も日本とアジア太平洋の安全を守るための強力な抑止力とプレゼンスとして期待されます。

 

⚪︎関連記事:

[アメリカ海軍]第7艦隊とは?最強,海上自衛隊,旗艦,中国,戦力?

米航空母艦ジョージワシントン!横須賀,出港,動向,画像,性能?

【米海軍】新型原子力空母ジェラルド・R・フォード級とは?

 

⚪︎画像引用元:www.navy.mil(米海軍HP)

 

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です