【海上自衛隊】次期輸送機にC-130を導入!中古機購入!

海上自衛隊は次期輸送機として米軍が長年運用している中古のC-130ハーキュリーズを購入することを決定しました。C-130は陸上自衛隊や航空自衛隊では運用されていますが、海上自衛隊での運用は初めてとなります。

 

11

海上自衛隊はYS-11M/M-Aを輸送機として保有していますが、老朽化が激しく旧式感が否めませんでした。さらに、東日本大震災での輸送任務で老朽化の問題と輸送量の限界が露呈して、後継機の選定・導入が急務となりました。そのため、比較的安価に購入でき、搭載量が多い機体として米軍の中古機C-130が候補として浮上しました。

 

海上自衛隊のYS-11M

ys-11m_02l

 

 

C-130ハーキュリーズはアメリカの航空大手・ロッキード社が生産している輸送機で、1950年代から米軍はもとより、多くの国々で運用されています。69ヶ国で運用され、初飛行から半世紀以上経つ今でも抜群の安定性、信頼性によって高い評価を得ています。このC-130のうち、防衛省は米海軍が保管しているKC-130R(空中給油機型)の購入を決めています。購入する際に空中給油機能は外してC-130Rとして再生・稼働状態にして6機導入します。

 

中古のC-130を購入する背景には早急に導入できてて、廉価で購入できることが主な要因でしょう。輸送体制を維持するためにはできるだけ早期に納入・運用する必要があります。航空自衛隊はすでにC-130を配備しており、運用実績があるのでそちらから人員を派遣してもらってノウハウを素早く習得できるという利点もあります。そして中古とはいえ、米軍機を購入したことはやはり日米同盟の存在に配慮しているのも事実でしょう。

 

イラクにも派遣された空自のC-130H

img01

 

しかし、C-130は半世紀以上も世界各国で運用されている揺るぎない実績があり、信頼性は申し分ないでしょう。さらに、C-130は様々な派生型が生まれ、多様な任務に用いられているのを見れば分かるように使い勝手が良いようです。だからこそ、50年以上にも亘って世界中で使われているのでしょう。柔軟な使い方ができ、航続距離は従来のYS-11Mよりも倍近くあります。島国たる日本は離島も多く、前線基地に物資や人員を運ぶには航続距離が重視されるのは当然といえるでしょう。

 

海上自衛隊はC-130Rを6機150億円で購入したようです。6機で150億円ということは1機あたり25億円であり、これは国産のC-1輸送機が1機45億円であることを考えれば確かに安上がりですね。アメリカで保管されているC-130はエンジンの修復や機能のアップグレード、機体の防錆処置などの再整備を受けます。そして、今年の3月に初号機が厚木基地に到着しました。

 

画像引用元:www.mod.go.jp/msdf/index.html (海上自衛隊HP)

www.mod.go.jp/asdf/ (航空自衛隊HP)

 

1 2 ・・・次のページ

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です