【海上自衛隊】日本が次期強襲揚陸艦を導入!?建造,おおすみは?

今年の初めに防衛省は強襲揚陸艦を導入する計画があることを明らかにしましたね。今まで日本とは馴染みのなかった強襲揚陸艦を海上自衛隊が導入するということですが、日本にしてはかなり画期的な防衛計画方針でしょう。

 

4001_03l

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 

安倍首相率いる政府は2013年12月に新しい防衛大綱を閣議決定しました。この新しい防衛大綱では南西諸島の離島防衛や大規模災害への対応力強化を重視しています。これを受けて防衛省は強襲揚陸艦を導入する計画があることを明らかにしました。

 

強襲揚陸艦とは海から陸に兵員や物資・装備を運ぶ揚陸艦の一種であり、ヘリコプターやエアクッション型揚陸艇などを搭載・運用する能力や装備がある艦です。特徴としてはヘリコプター運用のために全通式飛行甲板があること、さらに上陸支援のための攻撃力として垂直着陸機も運用する能力があります。そのため、外見は空母によく似ており、一般的には空母として認識されがちです。

 

アメリカ海軍の強襲揚陸艦

800px-USS_Bataan_(LHD-5);10080504

 

その強襲揚陸艦を日本の海上自衛隊で運用しようというものですが、現在海自にはおおすみ型輸送艦があります。おおすみ型は全通甲板を採用しており、エアクッション型揚陸艇を2隻運用する能力を備えています。おおすみ型は就役以来、多くの災害派遣活動で救援物資輸送などでその優れた能力を発揮しています。フィリピンにおける台風被害への災害派遣は記憶に新しいですよね。

 

main_4003

 

しかし、おおすみ型は3隻しか建造されておらず、ローテーションを考えると常時出動が可能なのは1隻ということになります。このため、海自では大規模災害の時の輸送力不足が懸念されています。事実、フィリピンへの災害派遣の際は「おおすみ」を派遣したため、離島奪還訓練で上陸部隊を輸送できなかった経緯があります。

ひゅうが型や次期護衛艦のいずも型も輸送力は備えていますが、やはり輸送に専念する艦艇が不足しているのは否めませんね。日本は約7000という数の島々から成る海洋国家であり、離島防衛のためには海上輸送力の充実が重要でしょう。国家の三要素でもある領土を守るためには輸送力強化が急務です。民間フェリーなどを活用する方針も示していますが、やはり専属かつ輸送・揚陸の専門艦を保有するのがベストでしょう。

 

このため、海自は輸送力増強のために強襲揚陸艦の導入を決めたようです。離島奪還の際に迅速に上陸部隊を運搬・上陸させる能力を発揮するだけではなく、大規模災害の時もその能力は大いに役立ちます。災害派遣部隊、大量の救援物資、車両を運び、それを迅速に陸へ揚陸できます。搭載された多くのヘリコプターは物資輸送はもちろんのこと、負傷者の搬送や上空かたの捜索活動や救助活動に使えます。災害は「有事」であり、これに迅速に対応するためにあたって強襲揚陸艦は大いに役立つことでしょう。

 

さて、防衛省は同じく昨年策定された中期防衛力整備計画(平成26~30年の5年間)の最終年度である2018年までに必要とされる機能や装備を検討・吟味するようです。

 

そしてその後に導入計画を具体化する方針です。確かにしっかり必要な性能や装備を検討して我が国に合った艦の建造計画を立てることが重要ですが、日本の安全保障情勢は日に日に悪化しています。もう少し早めに計画を具体化させて建造させるべきではないでしょうか。建造、就役してもしっかり運用できるまでにはさらに時間がかかります。そのため、検討・計画の具体化をなるべく正確に、早めに策定して建造に踏み切る。その間に隊員をアメリカ海軍の強襲揚陸艦などに派遣してノウハウを習得させる。実際の上陸訓練で隊員を強襲揚陸艦にオブザーバーとして乗艦させて作戦における運用能力を見学させたり、逆にアメリカ海軍から教官を呼んでおおすみ型やひゅうが型で実際に近い形で訓練をするのもいいでしょう。

 

離島そして災害の多い日本。迅速に人員や物資を運ぶのに適している強襲揚陸艦。日本にはまさに必須の艦ではないでしょうか。具体的な計画の出来上がりが楽しみですね。

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

「【海上自衛隊】日本が次期強襲揚陸艦を導入!?建造,おおすみは?」への2件のフィードバック

  1. おおすみ型をあと5隻は作ると良いと思いますよ。性能は足らなくても慣れのが強みだと思われます。共同作戦はバランスが良い方がインターオペラビリティの上では有利ですし、災害派遣で同盟国に恩を売っておくのも心理的にも気持ちよく士気が上がります。

  2. 強襲揚陸艦は、武装ヘリとF35Cが運用できてナンボでしょう。艦砲だけの援護で敵前上陸なんて、できません。
    オスプレイとF35Cはデカい。甲板上で無理なく運用するためには、満載で4万5千トンくらいの大きなフネが必要だ。
    我々艦船ファンは、シーレーン防衛のため、友好国の安全のために、国防予算増額と9条廃止を目指して仲間を増やしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です