【陸上自衛隊】水陸機動団編成!佐世保,SSK,装備は?

2013年に策定された防衛大綱で陸上自衛隊に「水陸機動団」を創設して、水陸両用作戦を担当する精鋭部隊として養成する方針です。これは離島奪還作戦などを主任務とする日本版・海兵隊の新設を意味します。

 

_

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


陸上自衛隊は離島奪還作戦などを主任務とする部隊の創設して、南西諸島防衛力を高める決定をしました。レンジャー課程を修了した自衛官を多数有する精鋭部隊・西部方面普通科連隊がこの「水陸機動団」の中核を成すものと思われます。西部方面普通科連隊は近年、米海兵隊と合同上陸演習を行うなど水陸両用作戦の訓練に力入れています。この水陸機動団の中核となる西部方面普通科連隊の訓練の様子が報道陣に公開されており、動画もネットにアップされています。

ここ数年は中国軍の海洋進出が著しく、尖閣諸島などの離島防衛が大きな課題となっています。そのため、島嶼防衛、離島奪還作戦を迅速に遂行できる専門部隊の創設と養成を決定したというわけです。水陸機動団は前述のように西部方面普通科連隊を基盤として3個連隊で編成される見込みで、総勢2000~3000名と予想されます。そのうち、第一連隊は最精鋭部隊として同じく新設される司令部とともに佐世保に根拠地を置いて、南西諸島防衛に迅速に対応できる体制を構築するものと思われます。ちなみに司令部などを新設するための土地は地元の佐世保重工業(SSK)の所有地を購入する見通しです。

 

1622252_751734721511184_1215216242_n

 

水陸機動団は水陸両用作戦のための装備を導入・配備する予定です。その最たるものが米海兵隊が運用するAAV7兵員輸送車です。AAV7は上陸作戦にも運用できるように水陸両用車としての機能も持ち合わせています。沖合の輸送艦などから発進したAAV7はウォータ―ジェット推進によって時速13kmで海上を航行できます。このAAV7を日本は平成30年までに52両導入します。今年の2月には5両のAAV7が到着して、試験運用されています。

 

10960273_952492448102076_83092152030439824_o

 

さらに、上陸作戦の際に支援と兵員・物資輸送のためにはヘリが不可欠となります。自衛隊では現在保有しているヘリとともにMV-22オスプレイの導入も視野に入れています。オスプレイを輸送艦艇に載せて沖合から兵員を上陸させる計画です。実際、昨年の日米合同演習では米軍のオスプレイが輸送艦「しもきた」と護衛艦「ひゅうが」に着艦しており、海上自衛隊でも運用できることを示しています。オスプレイを着艦させたのは自衛隊も導入する可能性があることを示唆したものでしょう。

輸送艦「しもきた」に着艦するオスプレイ

800px-MV-22B_trying_to_land_aboard_JDS_Shimokita

オスプレイを運用するためにおおすみ型輸送艦を改修して水陸両用作戦能力を高めることが計画されています。合同演習の際はオスプレイが離着艦する時の排熱による影響を避けるために耐熱板を使用しました。これを常時オスプレイが運用できるように耐熱甲板に改修するのではないでしょうか。さらに、いずも型護衛艦も司令部の機能を強化して、上陸作戦を指揮できるようにするようです。

こうした上陸作戦を強く意識した装備を導入する水陸機動団ですが、隊員は前述のように現在の西部普通科連隊が中核を成します。西部方面普通科連隊は定期的に米海兵隊との上陸合同演習を行っており、今年のリムパックでも日米合同の水陸両用演習が行われます。こうして水陸両用作戦のエキスパートである米海兵隊と定期的に訓練を行うことによって経験豊富な彼らからノウハウを習得できるでしょう。

 

_

 

20140820_ph001

 

日本は水陸両用作戦に関してはほとんど素人なので、こうした装備やノウハウを米海兵隊から習得するのは有意義でしょう。まずは装備を運用できるようになり、その後、必要に応じて日本の離島防衛に相応しい装備の開発を進めるべきです。米軍との合同演習によって経験を積み、陸海空の3自衛隊が連携作戦を遂行する能力を高めることが当面の課題ですね。

 

画像引用元:http://www.mod.go.jp/gsdf/ (陸上自衛隊HP)

 

関連記事:

【陸上自衛隊】AAV7水陸両用車を公開!水陸機動団,性能,画像!

[陸上自衛隊]導入するオスプレイを佐賀空港に配備?

[自衛隊]日本がオスプレイを購入?配備,導入,ひゅうが,画像!

 

          1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です