【欧州ミサイル防衛】地上配備型イージス・アショアとは?性能,試験,画像!

日本でも北朝鮮がミサイル発射実験を行うとミサイル防衛(MD)が話題になりますが、これは欧州でも同様です。ただ、欧州の方は日本と違って「地上配備型イージス」なるものを導入しようとしています。これは果たして一体?

 

1318440670843

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 欧州ミサイル防衛 地上配備型 イージス・アショア 性能

日本のミサイル防衛では主に北朝鮮の弾道ミサイル、そして中国のミサイルが相手です。迎撃手段も海上のイージス艦と地上のPAC3によるものです。しかし、PAC3がいわゆる「最後の壁」であることを考えると海に囲まれている島国・日本では海上配備型が主な迎撃手段といえるでしょう。

しかし、欧州の方は事情が違います。欧州の主な脅威はロシアのミサイルであり、これに対する迎撃手段は必然的に地上配備型も重視されることになります。スペインに米海軍のイージス艦も配備されていますが、欧州大陸を防衛するためには地上に迎撃ミサイルを配備した方が効果的な上にコストも下げられます。その一つが今回述べる地上配備型イージス、別名:イージスアショアです。

ミサイル発射基

asho00

 

「イージス」とはイージス艦でご存知の方が多いように高性能なレーダーを駆使してミサイル防衛において有効とされる「システム」です。このイージス・システムは艦艇に搭載するために開発されて、イージス艦と呼ばれる艦に搭載されています。このシステムを地上の施設に配備したものが「イージス・アショア」です。名前の通り、陸に上がったイージスです。

 

 

 

このイージス・アショアはロッキード・マーチンが開発したものであり、具体的には地上にレーダーや迎撃用の「SM3ブロックⅠBミサイル」を配備した施設です。この施設は一見、イージス艦の艦橋に似ており、「陸に上がったイージス艦」と呼ばれる所以です。費用はPAC3などと比較すると高コストです。しかし、動く必要がないため、コストパフォーマンスでは以下の点でイージス艦に勝ります。

  1. 燃料費が不要
  2. 人員が少なくて済む)
  3. メンテナンスが楽

 

タイコンデロガ級イージス艦

1024px-USS_Gettsyburg_(CG-64)_Operation_Enduring_Freedom

イージス・アショアの施設

14053192577_2480cd51c0_n

 

このイージス・アショアは現在ルーマニアに施設の建設が進められており、2015年には配備完了する見込みです。その後は2018年までにポーランドにも配備する予定です。

 

イージス・アショア 画像 試験

イージス・アショアは現在まだ建設中であり、本格運用にはまだ時間がかかります。そんな中、今年の5月にはハワイのカウアイ島に設置された試験用のイージス・アショアからSM3ミサイルの発射試験が行われました。これはあくまで「発射」するだけの実験であり、実際に迎撃して目標に当てることはしませんでした。しかし、今回の試験でイージス・アショアは海上のイージス艦同様に迎撃ミサイルを発射できることを確認しました。あとは目標をきちんと迎撃する能力を確認することですね。

aegisashore01

 

試験の動画は⇒コチラ

 

イージス・アショアは海上配備型のイージス艦に対してアメリカが先月実験に成功した地上配備型:※GBI の一種です。MD対応型イージス艦が搭載しているものと同様のシステムや能力を持っていると見られているので性能はミサイル防衛手段としては十分ではないでしょうか。成功率は日米のイージス艦が実験で成功した迎撃率の70~80%あたりになるかと思われます。

 

1389397302273

 

このイージス・アショアの具体的な性能は未知数ですが、日本のミサイル防衛の新たな手段としても考えられますね。イージス・アショアの性能が良好と判明すれば配備を考えてもいいのでは?イージス艦の増強も嬉しいですが、こちらの方がコスト面で有利ならば、イージス・アショアの配備を検討する価値はあります。欧州のように海と陸の両方に「イージス艦」を置いてミサイル防衛能力を向上させるべきでしょう。

 

画像引用元:https://www.flickr.com/photos/mdabmds/

http://www.mda.mil/index.html

http://www.lockheedmartin.com/

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です