【陸上自衛隊】16式機動戦闘車を配備!海外反応,主砲,写真!

防衛省は陸上自衛隊の新たな火力装備として「機動戦闘車」の開発に取り組んでいます。これは緊急展開や火力支援を主任務とする新型装輪装甲車であり、陸自にとっては戦車と並んで頼もしい存在となります。

9

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


16式機動戦闘車とは?

機動戦闘車は防衛省が2007年以来開発を進めている新型戦闘車両で、最新鋭の10式戦車の技術を応用しています。緊急有事の際に戦車よりも迅速に輸送・展開できる戦闘車両として開発されています。戦車との大きな違いは画像のようにキャタピラーではなく、タイヤで走行する点です。そのため、舗装された道路では戦車よりも迅速に走行できます。舗装されていない場所での走行も揺れを抑える新技術によってある程度は可能となる見通しですが、やはり不整地での機動力は戦車には劣るものと思われます。

4

従来の装輪装甲車は火力不足が欠点であったため、この新型車両は74式戦車と同等の火力を備えてます。主砲は52口径105mmライフル砲を採用しており、装甲車としてはかなりの打撃力を保有しています。車輪を使う装甲車両はキャタピラーを使う戦車と比べて射撃時の安定性で劣りますが、新型機動戦闘車は10式戦車にも使われた三菱重工開発の反動抑制装置、射撃管制装置(FCS)の新技術が利用されています。そのため、従来の装甲車とは違い、安定した射撃が可能になります。ちなみに、コストダウンのため、弾薬は現在配備されており、順次退役していく74式戦車のものを流用するようです。

機動戦闘車の主砲

10

 

従来の装輪装甲車①(87式警戒偵察車)8464165627_2a23162ca2

従来の装輪装甲車②(96式装輪装甲車)

8464171563_b53efa6bd5

重量は26tであり、10式戦車の44tと比べてはるかに軽量です。そのため、時速100km以上で走行でき、空輸も比較的楽にできます。しかし、軽量な車体であるため装甲は戦車に比べて劣り、あくまで敵歩兵の携帯火器に対する防御力を想定しています。そのため、歩兵に対する火力支援は十分達成できますが、敵戦車に対してはやはり戦車で対応することになると思われます。

舗装路面における機動力は戦車よりも圧倒的に優れているので都市部でのゲリラ攻撃などの有事には迅速な行動が期待されます。諸外国でも同様の戦闘車両が開発・配備されつつあり、戦車の役割を一部担う存在として注目されています。そんな中、「戦車不要論」まで出ているようですが、戦場、特に不整地における機動力、そして火力、防御力ではやはり戦車には敵いません。そのため、機動戦闘車はその特性を生かして一部作戦では戦車よりも使い勝手が良いでしょうが、完全に戦車に取って代わる存在ではありません。今後は10式戦車と機動戦闘車の2つの強力な戦闘車両を中心に陸上自衛隊の打撃力を構成していくものと予想されます。

 

さて、日本のこの新型機動戦闘車に対して海外は様々な反応をしています。自国の陸軍の保有する車両に似ていると評価する者やデザインが気に入った者なども。そんな中、中国のネットユーザー達は早速「警戒感」を強めています。「日本の軍事的野心が秘められた新装備である!」と主張する者や「尖閣で使う気だろ!}と憤慨する者など、概ね敵対的、否定的な意見が占めています。

予定では、機動戦闘車の開発は2015年に完了して2016年から部隊配備が始まります。そのため、この機動戦闘車の呼び方としては「15式機動戦闘車」、「16式機動戦闘車」があります。新しく策定された防衛大綱では戦車の数を300両近くまで半減させて、機動戦闘車を配備していく方針のようです。10年後までに機動戦闘車を約200~300両配備して、戦車とのミックス配備にする狙いです。機動力を重視した結果と言えるでしょう。中期防衛力整備計画では5年後までに機動戦闘車を99両を導入して部隊に配備していく予定です。

 

戦車と機動戦闘車のミックス配備。これは新たな試みであり、機動力を向上させるという意味では優れた計画でしょう。しかし、戦車を半減させるというのはいささか性急な決断の気もします。ともあれ、この新型機動戦闘車が日本の防衛力に貢献していくれることは間違いないでしょう。陸上自衛隊にとっては新しい概念の装備ですが、10式戦車とともに正確かつ効率的に運用してほしいものです。

 

関連記事:

10式戦車の性能!海外・韓国反応,K2,ヤキマ,輸出?

[陸上自衛隊]90式戦車の評価・実力?性能,ヤキマ,輸出,価格,反応?

 

画像引用元:http://www.mod.go.jp/gsdf/(陸上自衛隊HP)

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

「【陸上自衛隊】16式機動戦闘車を配備!海外反応,主砲,写真!」への1件のフィードバック

  1. 戦闘機を600機体制にすれば、戦車は半分で済むし、然程、海軍も軍備増強しなくて済む。近代戦は、巡航ミサイルと戦闘機と潜水艦と空母で殆ど決まる。たとえば、ロシア軍が北海道の前に本州に空挺機械化師団を下ろしたら・たちまち、補給に苦しんで直ぐに投降します。兵站を無視した戦いはどこの国もしてきませんよ。市街戦に持ち込まなければ孤立するだけですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です