[航空自衛隊]E767早期警戒管制機AWACS!性能,浜松,撃墜,韓国?

早期警戒管制機は大型のレーダーを搭載した軍用機であり、空戦において敵機の探知・分析、そして味方機への情報伝達、管制を行います。早期警戒管制機(AWACS)は現代航空戦においては必要不可欠な存在であり、航空自衛隊はE-767を保有しています。

 

img08_1024_768

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 航空自衛隊 E-767早期警戒管制機 AWACS 性能 浜松

航空自衛隊は早期警戒管制機としてE-767を保有、運用しています。航空自衛隊は早期警戒管制機の他に「早期警戒機」であるE-2Cも保有、運用しています。E-2Cは1987年から運用されていますが、旧式化に伴ってアップグレード改修がなされました。現在は13機運用されています。

 

まず早期警戒機は敵目標の探知して情報を司令部に伝達、司令部の分析した情報をさらに味方機に伝達します。一方の早期警戒管制機は司令部で行っていた目標の脅威度分析や優先度の設定をも機上で行い、味方機に伝達、そして指揮・管制します。

 

E-2C

img01 (5)

 

E-767は2000年から運用されており、現時点では4機が航空自衛隊にのみ導入されています。E-767は旅客機であるボーイング767をベース機体として開発された軍用機であり、ボーイング社が日本に提案して開発した機体です。そのため、現時点では航空自衛隊のみが運用しているという珍しい機体です。しかし、今後はアメリカ空軍が20機ほどを購入する予定です。

 

E-767

img01 (4)

 

 

日本の航空自衛隊はベレンコ中尉亡命事件にてレーダー網の不備と索敵能力の不足が露呈しました。そのため、航空自衛隊では早期警戒機を導入する動きが加速しました。しかし、米軍の運用するE-3早期警戒管制機は高価かつ最新鋭であるため、日本への輸出は難しいと判断され、結局「早期警戒機」であるE-2Cが導入されました。

そして日本は「早期警戒管制機」を求めてE-767をボーイングから購入。E-767は1機あたり540~560億円する高価な機体であり、結局はE-3の倍近い値段となりました。これは4機しか導入せず、しかも日本のみしか需要が見込めなかったことによるコスト上昇が要因でしょう。

 

○性能諸元<E-2C>

全長:17.6m

乗員:5名

最大速度:時速600km

航続距離:2550km

 

 

○性能諸元<E-767>

全長:49m

乗員:4人

最大速度:時速1028km(マッハ0.84)

航続距離:7200km

 

見ての通り、航続距離や速度においてはE-767の方がE-2Cに優っています。E-767は初号機が1998年に航空自衛隊の浜松基地の「運用試験隊」に配備されました。そして試験運用の後、2000年から部隊で運用され始めました。

E-767は画像からも見て分かるように旅客機の上に「ロートドーム」と呼ばれる円盤状のレーダードームが搭載されていることが分かります。このロートドームは警戒中は1分間に6回転して360度の周囲警戒を行います。このロートドームから発せられる電波はかなり強力であり、地上で動かすことはなるべく控えられています。

 

img07_1024_768

 

さらなる外見的特徴としてはコックピット以外に窓が一つもないことです。これは性能諸元からも見て分かるようにこれだけの大きな機体にも関わらず乗員はわずか4名です。これは内部がほとんど電子機器で占められており、強力な電磁波から乗員を保護するために窓がない設計になっています。

 

E-767 早期警戒管制機 AWACS 撃墜 韓国

E-767は他の早期警戒管制機もそうであるように非武装です。つまり、敵の航空機による攻撃には無防備です。しかも、高高度から広範囲を見渡す「空の目」であるため、その存在は味方部隊にとっては必須です。そのため、撃墜されると空戦において劣勢に立たされる可能性が高くなります。

 

AWACSは基本的に前線からは離れた後方において支援・管制指揮の任に就くため、撃墜されるリスクは少ないように配置されます。しかし、敵も我々の「空の目」を潰すために優先的にAWACSを狙ってくることが十分に考えられ、その護衛は重要な課題でしょう。空戦においてはAWACSをいかに守り、活用するかが勝敗を分けるカギとなるでしょう。

 

img06_1024_768

 

さて、E-767はオーストラリアや韓国も導入する意図や興味を示していましたが、財政的な面から断念しています。韓国はその後、同じくボーイング社の開発したE-737を4機導入しました。これも日本への対抗意識が多少は働いていると言ってもいいでしょう。

ちなみ、日本は当初は4機のみの調達としていましたが、中期防衛力整備計画で新たに4機のAWACSを追加導入することを決定しました。これによって航空自衛隊は計8機の早期警戒管制機を保有、運用することになります。

 

画像引用元:http://www.mod.go.jp/asdf/

 

1 2 ・・・次のページ

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です