[小笠原諸島]密漁中国船の領海侵犯・台風,拿捕,撃沈,自衛隊,取り締まり?

ここ最近、大問題となっている小笠原諸島沖での中国漁船によるサンゴの密漁。100隻単位の船団で押し寄せ、世界遺産にもなった小笠原の綺麗な海を破壊する暴挙を働いています。日本としてはどう対応すればいいのでしょうか。

 

先月から小笠原諸島沖に大挙して密漁しにきた中国漁船の大船団。100~200隻ほどが小笠原沖で赤サンゴの密漁を行っています。堂々と領海侵犯をしながら世界遺産にも登録されている小笠原の綺麗な海を荒らしまわっています。

赤サンゴは中国では縁起のいい宝石の扱いであり、非常に高値で売れます。しかし、中国では赤サンゴを獲るのが規制されていますため、わざわざ日本の方まで来て強奪しているようです。堂々と領海で密漁して長年にわたって守ってきたサンゴを破壊した挙句、ゴミなども投下して海を汚します。

ef980fe8-s

画像引用元:http://mainichi.jp/(毎日新聞)

圧倒的に数と船体の大きさで勝る中国船団のせいで小笠原諸島の漁師は自分たちの漁場なのに漁ができない状態です。こんなことがあっていいのでしょうか?自国民が自国の海で漁ができず、他国の船団が堂々と海賊まがいの暴挙を働くのを有効な対策が打てないでいる。

つまり日本は漁民にまでナメられています。他国みたいにもっと厳しく、毅然と対応すべきでしょう。警告して違法行為を中止しない場合は警告射撃や拿捕を行うべきでしょう。撃沈も辞さないという姿勢を示して抑止すべきです。ロシアや中国ならそうするでしょう。日本も自国の主権の及ぶ領海内で狼藉を働く犯罪者に対して厳罰に対処しても他国に文句を言われる筋合いはありません。

 

先日の台風20号が小笠原諸島に接近した際は中国船が一気に避難を求めてくるのではないかと警戒されました。人道的な観点から避難を認めるしかないようですが、上陸は許さないという方針を決めました。確かに領海侵犯して密漁した挙句に避難と上陸させろというのは常識では考えられない厚顔無恥な行為です。

中国の船団は1000人以上おり、小笠原諸島の人口の半分に匹敵します。密漁、領海侵犯という犯罪行為を堂々と行う海賊のような人たちです。仮に彼らが上陸した場合は治安が悪化して住民に被害が出る可能性が高いです。

 

海上保安庁や水産庁の船舶が中国船に向かって退去を呼びかけていますが、効果はイマイチのようです。そして逮捕して取り締まってはいるものの、まず海保側の数が全く足りておらず、仮に逮捕しても1000km以上離れた東京まで送らねばなりません。海上保安庁は尖閣諸島方面にも警備力を集中させており、小笠原諸島に回せる船舶が足りていません。つまり二正面作戦を強いられており、現状はかなり厳しいものです。

1024px-Japan_Coast_Guard_PL51_Hida

 

一般的にはあまり知られていませんが、水産庁も違法行為の取り締まりのために監視船を7隻保有しています。しかし、現状を考えると数が足りていません。日本としてはまず海上保安庁と水産庁の船舶と職員の数を増強する必要があります。警備力を増強してなるべく多数で押しかけてくる船団に対応できるようにすべきです。

 

水産庁の漁業監視船

海上自衛隊も出動させるべきという意見もありますが、海上警備行動の発令のためには「人命若しくは財産の保護又は治安の維持のため特別の必要がある場合」という条件を満たす必要があります。治安の維持のために出動させるということは可能なのではないでしょうか?

現に海を荒らして民間船や地元漁船に危害を加える危険性はあります。そして上陸して住民に危害を加える可能性も否定できません。何かが起きてからは遅いのです。

本来は自衛隊の役割ではありませんが、海上保安庁と水産庁では十分に対応できていない状況では一時的に自衛隊を出動させるというのも検討すべきでしょう。護衛艦などは航行するだけで威圧できますし、ミサイル艇などの高速艦艇は素早い漁船に対応できます。そして上空からヘリやP-3Cで哨戒することも必要でしょう。

 

15 (3)

 

そして海上保安庁と水産庁、警察や自衛隊の間の連携を強化して迅速かつ効率よく対処できるようにしないといけません。さらに小笠原諸島に海上保安庁、水産庁、海上自衛隊、警視庁の拠点を築き、住民の不安を解消させるとともに、わざわざ1000km離れた東京まで往復せずに済むような警備環境を構築することが必須です。

 

 

○関連記事:

【海上保安庁】新型巡視船を新造!尖閣,装備,建造計画?

[海上保安庁]元職員OBを150人再雇用!採用で警備力強化へ!

[海上保安庁]予算増額!警備体制強化と尖閣専従部隊の創設?

 

画像引用元:

http://www.jfa.maff.go.jp/index.html

http://www.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/

http://mainichi.jp/

 

1 2 ・・・次のページ

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です