北朝鮮の新型対艦ミサイル,韓国海軍に脅威!新しい軍艦も!

韓国の大手有力新聞、中央日報と朝鮮日報が報じた情報によれば、北朝鮮が新型対艦ミサイルを開発・保有したとのこと。北朝鮮は核戦力の開発に予算や人員を投じるあまり通常戦力は旧式化したままでしたが、今回のような新たな兵器の出現は韓国軍にとって脅威のようです。さらに、北朝鮮は新しい軍艦も建造しているとの情報も入っています。

 

080715ledemissiles1-thumb

情報によると、北朝鮮の朝鮮中央テレビが最近北朝鮮軍についてのドキュメンタリー映画「白頭山の熱い訓練で無敵の軍を育てる」を放送。その映像の中で今まで確認されたことのない新型対艦ミサイルの存在が明らかとなり、韓国軍に打撃を与えうる兵器として脅威認識されています。映像や断片的な情報から専門家が分析した結果、新型対艦ミサイルは射程約130km、ロシアの保有するKh-35を基に開発した可能性が高い。ロシアのKh-35は旧ソ連時代の1980年代に米海軍を撃滅するために開発された対艦ミサイルであり、空対艦・艦対艦・地対艦の3種類が開発されている。旧ソ連海軍は長射程ミサイルと短射程ミサイルを対水上攻撃の二本柱と位置づけ、Kh-35は後者の役割を担うものである。

 

ロシアのKh-35対艦ミサイル(中央)

Kh-35E_fol_maks2009

 

Kh-35は基本設計がアメリカのハープーンミサイルに酷似しており、西側諸国では「ハープーンスキィ」という通称で呼ばれた。そのため、これをベースに開発したとされる北朝鮮の新型対艦ミサイルもハープーンと同等の性能を持っているとされる。

Kh-35の性能から今回の北朝鮮の新型対艦ミサイルを考察すると、

射程:約130km

速度:マッハ0.8

巡航高度:5-10m

炸薬量:145kg

ミサイルは発射後に予め航法装置による指令で進む慣性誘導を使用して5-10mの低高度で飛行。目標に近づくと高度をさらに3-5mに下げ、ミサイル自身が目標にレーダー波を照射して進むアクティブ・レーダー誘導に切り替えてもく目標に突入するとされている。

上記の性能はあくまでKh-35に基づく予測だが、北朝鮮のミサイルはこれとほぼ同じ、もしくはこれ以上の性能を持っているとされる。巡航ミサイルは速度は遅いが、超低空から進入してくるため迎撃は簡単ではない。韓国海軍は主力駆逐艦などは最新の迎撃システムを搭載しているが、旧式の哨戒艦艇は対応できない。

こうした旧式哨戒艦艇群は黄海の北方限界線(NLL)付近で日頃からパトロール任務に就いているたま、北朝鮮艦艇や陸上発射基からこの新型ミサイルが発射された場合は大損害を被る。数年前の哨戒艦沈没事故が記憶に新しい韓国軍はこうした脅威の出現にかなり警戒している。今回の新型対艦ミサイルの出現は韓国海軍に防空システム強化を急務と捉えさせることとなろう。

 

さて、もう一つ北朝鮮軍の情報が。アメリカの名門・ジョンズ・ホプキンス大学の国際問題高級研究学院にあるシンクタンク「北緯38度」が先月中旬に北朝鮮が新たな軍艦を2隻建造していることを捉えた。このシンクタンクは米韓研究を専門に扱う部署に所属しており、衛星s写真によって、北朝鮮西岸の南浦、東北部の羅津に位置する造船所で1隻ずつ建造されているのが確認されたとのこと。対潜ロケット装置やヘリコプター運用能力も備わっていると見られ、ここ20年で建造された中では最大の軍艦。

北朝鮮海軍は多数の魚雷艇やミサイル艇、旧式の潜水艦は保有しているが、外洋航行が可能な主力軍艦は1970年代に建造したナジン級フリゲート2隻と1980年代に就役したソホ級フリゲイトとされている。後者に関しては確認さえされておらず謎に包まれているが、前者は1993年に海上自衛隊の哨戒機が撮影した写真で確認された。どちらも旧式化が著しく、周辺諸国に比べると海軍力は圧倒的に劣る。そのため、今回の新型軍艦建造は大きな関心事と言えよう。

 

1993年にようやく確認されたナジン級フリゲイト

kf1

 

さらに気になるのが2013年10月23日付の北朝鮮労働新聞に掲載された金正恩の新型軍艦視察の記事。この時の軍艦はどちらかというと「半潜水艦」のような機能を搭載した小型艦であり、先月「北緯38度」が確認したものとは別のものとされる。しかし、この10月23日の記事では「金正恩が短期間で先進的な軍艦を建造したと高く評価し、建造された軍艦の性能に満足した」と報じており、ステルス性能を重視したともとれる。ステルス性能を重視した傾向は先月判明した新型軍艦の建造にも生かされている可能性がある。いかに圧倒的に劣勢かつ旧式な北朝鮮軍の通常戦力でも、今回のような新型兵器の出現や判明は彼らの装備拡張・更新が徐々に進んでいることを証明している。

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

「北朝鮮の新型対艦ミサイル,韓国海軍に脅威!新しい軍艦も!」への1件のフィードバック

  1. 白頭山では、中国軍と北朝鮮軍が合同演習する仲が今でもつずいてるということでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です