中国が日本海沿岸に進出拠点?中露共同開発で太平洋への出口?

中国とロシアは日本海に面したロシア領のザルビノを共同開発して港湾拠点を建設することに合意しました。日本海側の大きな経済拠点として開発するようですが、これは中国側の日本海進出、そして太平洋への出口確保の思惑も含まれています。

niyaku

中国とロシアが日本海に面したロシア領のザルビノに大規模な港湾施設を共同開発することとなりました。ザルビノは中朝との国境に近いポシェット湾に位置する港町であり、今後30億ドルを投資して港湾と貨物取引能力を3~4倍にする予定です。

中露共同でザルビノ港を国際的な物流の拠点にして経済利益を得ようという目標が見えます。中国は北朝鮮とロシアと国境を接しているため、日本海まであと15kmという地点で中国領は終わっています。つまり中国は日本海への出口を持っていないのです。

そのため、中国が日本海への出口を確保するために北朝鮮の羅津港を経済特区として開発しようと力を注いできました。しかし、北朝鮮の親中派で実力者であったチャン・ソンテク氏(金正恩の実の叔父)が粛清されたため、計画の先行きが不安視されています。

 

h008

 

http://www.searchnavi.com/~hp/hunchun/gate2.htm

 

そこで目をつけたのがロシア領の港です。中露は以前から極東ロシアの開発に関して協力関係でいましたが、今回はその姿勢をさらに押し進めた形です。ザルビノ港を大規模な物流拠点として機能させることによって中国は東北地方(旧満州)で製造された商品をより素早く、安く輸出できます。

今まで大連などに運輸して船で送り出していたのが、より近いザルビノ港まで運んで船で輸出できます。つまり運送コストが低くなるのです。これは中国に大きな魅力と言えるでしょう。

そして温暖化が進む中、注目されているのが北極海を通って欧州とアジアを結ぶ航路です。今のアジア〜インド洋〜スエズ運河〜欧州よりもはるかに短距離かつ短時間で運べるようになるため、中国も注視しています。

北極海ルートの方が格段に輸送コストが安く、さらに短期間で輸送できます。そのためには日本海から宗谷海峡や津軽海峡を通って北極海に抜けるルートを開拓せねばなりません。そこで中国やロシアは日本海沿岸の港湾拠点の開発に取り組んでいるのです。

 

さらに、中国としては太平洋への進出を果たすための重要な出口の一つです。中国は海洋進出を目指していますが、中国本土から進出するには東シナ海か南シナ海を通らねばなりません。しかし、現在この二つの海域では周辺国と問題を抱えています。

中国から見て海洋進出をする場合は一番出やすいのは沖縄周辺の海域です。しかし、ここは日本とアメリカの勢力圏です。つまり、一番出やすい方面は日本とアメリカに押さえられています。そのため、日本海側から比較的アメリカの影響が薄く、ロシアの勢力圏でもあるオホーツク海を通って出るルートを確保しようとしています。

 

i020823-revmap

 

そして日本の津軽海峡も重要な航路として捉えられています。津軽海峡は日本政府が定めた特定海域であるため、領海は通常の12海里から3海里に短縮されています。そのため、海峡中央部は公海であり、中国の軍艦も通ります。

日本海側からの航路が活発化すれば今度は中国船を護衛する名目で中国海軍の艦艇が日本海や津軽海峡を日常的に航行する可能性もあります。現時点ではロシアは中国の軍事拡大を警戒しているため、さすがに日本海沿岸に中国海軍の基地を建設することは難しいでしょうが、停泊ぐらいなら起こりえます。

 

津軽海峡の領海線

tugaru

 

かつて「天皇の浴槽」とまで呼ばれた「裏庭」扱いの日本海に中国海軍が跋扈する事態となりかねません。これは背後から突かれた形になります。対策としては日本海側の監視哨戒能力の強化、そして防備を固めることでしょう。

厳しい予算の中では難しいですが、具体的には

  • 舞鶴、大湊、余市の海上自衛隊の増強。
  • P−3CやP-1による哨戒任務の強化。
  • 海上保安庁自体の拡張、そして日本海方面への配備数の増強。

津軽海峡に関しては必要とあらば、領海を12海里に戻すという手段を使うのもありでしょう。元々は日本政府が独自に定めたものであり、変更する権限は日本にあります。領海法を修正して海峡における領海をきちんと12海里として通行する艦船の監視と管理に努めるべきでしょう。

 

画像引用元:

http://www.pref.shimane.lg.jp

http://www.searchnavi.com/~hp/hunchun/gate2.htm

http://www1.kaiho.mlit.go.jp/jhd.html

 

1 2 ・・・次のページ

 

 

スポンサードリンク

「中国が日本海沿岸に進出拠点?中露共同開発で太平洋への出口?」への5件のフィードバック

  1. チャンソンテク氏は甥っ子の悩みを無視したから殺されても仕方ないとも思いますよ。ジョンウン氏の妻が出演するAVを誰がとったと思いますか?中国スパイたちですよ。それを中国国内にいる士官たちに流そうとするのを反対すれば殺されて当然でしょう?「たとえば、皇太子の奥さんが出演するAVをアメリカの政治家クリントン辺りに渡したら皇太子や皇族たちは何を考えるでしょうね?」主権国家扱いされてないのは北朝鮮も同じですよ。

  2. 間違えました訂正・・流そうとするのを止めようとスパイたちを処刑したことを勇めれば殺されて当然ですよ。

  3. 親父の正日は喜び組で愛人だらけだが、ジョンウン氏は純情だ。少年が背伸びしてタバコ吸って突っ張ってる、少年のココロをいつまでも忘れない坊やだと思いますよ。その性格のおかげで中国と分裂したからいいでしょうが?ロシア政府との交渉さえ気をつければ「中国もヘタに手を出せない。」中国との戦争中にでも「ロシア政府が直ぐにソコを自由に使えるかというとそうじゃない「全て条件付き。」の同盟国。

  4. 逆に、ロシア側が中国にこれからの「ニューベースを無条件で提供するわけがない。」

  5. 中国共産党は「ロシアの国益に最も協力してきたが、逆に最も騙してきた、ベトナム戦争では・北ベトナムに送ったはずのロシア製の武器は半分も届かなかったはずですよ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です