[航空自衛隊]ブルーインパルス!パイロット,事故,グッズ,浜松,動画?

国民的行事や自衛隊イベントなどで華麗なアクロバット飛行をみせる航空自衛隊のブルーインパルス。一握りのエリートパイロットしか操縦桿を握れないこの部隊は1964年の東京オリンピックで展示飛行を行うなど、日本の晴れ舞台に華を添えてきました。日本最高峰の操縦技量を誇るブルーインパルスについて見ていきます。

36635_485854644802249_1956207408_n

壮大かつ華麗なアクロバット飛行で有名な航空自衛隊のブルーインパルスは国民の間でも人気が高い身近な存在と言えるでしょう。戦前でも帝國海軍の航空隊がアクロバット飛行を行うことがあり、これらは源田實(実)が率いたため「源田サーカス」との呼称を得ていました。航空自衛隊では1958年頃からアクロバット飛行の練習を行いましたが、実際に正式な部隊として公認されるのは1960年であり、奇しくもこの時の航空幕僚長は源田實でした。

その後、「ブルーインパルス」という名を拝命して制式部隊として発足。そしてこのブルーインパルスは1964年の東京オリンピック開会式でオリンピック五色のスモークによって東京上空に巨大な五輪を描くという派手な演出を成功させたことによって国民の間で広く認知されるようになりました。使用する機体もF-86Fから国産のT-2へ、そして現在のT-4練習機へと移り変わっています。T-4についてはこちらを参照→T-4練習機

 

img01-2

T-4練習機

 

ブルーインパルスは発足時から1981年間では静岡県の浜松基地を根拠地としていましたが、その後は宮城県の松島基地に移っています。2011年の東日本大震災で松島基地も地震と津波で被災したため、一時九州の芦屋基地に滞在していました。現在は松島基地に帰還しており、東北復興を後押しする祭りなどに積極的に参加しています。

ブルーインパルスは華麗なアクロバット飛行を観客に魅せますが、無論それはパイロットの技量と訓練の賜物と言えるでしょう。上空でジェット機を使用して間隔の狭いアクロバット飛行を行うことは訓練を積んだパイロットでも難易度の高い経験です。展示飛行の際は予備機を含めて7機体制で挑みますが、これらのパイロットは航空自衛隊の中でも選りすぐりのエリートが操縦桿を握っています。故にブルーインパルスのパイロットになることは重大な責任と事故のリスクを背負うこと以上に最高の栄誉として捉えられます。ちなみに展示飛行の様子や解説動画は航空自衛隊のYouTubeチャンネルに掲載されています→https://www.youtube.com/user/JASDFchannel

 

maxresdefault

 

残念ながらブルーインパルスはアクロバット飛行を行うという性質上から事故も過去に起こっており、殉職者も出ています。ジェット機を僚機との狭い間隔の中で操って複雑な技に挑むというのは通常の飛行とは異なる大きなリスクが潜んでいます。それでもブルーインパルスは今や国民的人気を持つ自衛隊の部隊であり、その実績は国内外で高く評価されています。

認知度は高く、自衛隊の広報という側面から見れば大成功を収めています。ブルーインパルスが展示飛行するイベントは多くの観客で埋め尽くされ、特に小さな子どもの間での人気が高いようです。関連グッズも自衛隊グッズの中でも一番よく売れる部類に入るそうで、その人気ぶりが反映されています。グッズについてはインターネット上で検索すれば扱っている通販サイトで購入可能な上に航空祭などのイベントでも販売しています。

 

昨年の海上自衛隊の観艦式でも展示飛行を行って観客を沸かせたブルーインパルスですが、4年後の東京オリンピック開会式でも壮大な展示飛行を行うことが予想されます。航空自衛隊のホームページにはブルーインパルスのスケジュールが掲載されており、これを参考に見ることが可能です。
詳しくはこちら→ブルーインパルススケジュール

 

 

画像引用元:www.mod.go.jp/asdf/ (航空自衛隊HP)

www.mod.go.jp/msdf(海上自衛隊HP)

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です