[自衛隊]日本がオスプレイを購入?配備,導入,ひゅうが,画像!

一時期かなり話題になった米軍の輸送機「オスプレイ」。画期的な飛行方式とその特異な見た目は今までの航空機の常識を覆すものでしたね。そのなにかと有名なオスプレイを日本に配備する可能性が高くなってきました。

 

800px-thumbnail (2)

 

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


小野寺防衛大臣は現在、アメリカを訪問しており、バージニア州の海兵隊基地でオスプレイに1時間ほど試乗しました。小野寺大臣は現地での取材に以下のように述べました。

「大型ヘリコプターと比べて騒音も高くない。非常に機能的な優れた航空機という印象を持ちました。非常に操縦もしやすいという印象を受けました。」

 

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140711-00000042-jnn-pol

 

小野寺大臣は自衛隊へのオスプレイ配備を検討している事情を踏まえた上で以上のように述べて安全性と機体性能の高さをアピールした形です。自衛隊へのオスプレイ配備の可能性は在日米軍への配備がされ始めた民主党政権時には既に示されていました。そして自民党政権に変わると導入が決定されました。

 

Photolibrary-osprey-2-highres-6144x4095

 

 

実際、2013年度の予算にはオスプレイの自衛隊への配備に向けた調査費が計上されており、来年度の予算に購入費を計上する予定です。昨年12月に策定された中期防衛力整備計画では今後5年間で17機を導入することを明記しています。購入価格は1機あたり100億円前後とみられており、三井物産が購入を担当します。1機100億というのは戦闘機並みの高価な機体になりますね。しかし、オスプレイの性能と特徴は島国・日本にとっては有効のようです。

 

オスプレイはティルトローター式の主翼を採用しており、翼が折れて飛行機のような主翼の形になったり、ヘリコプターのような形になったりします。そのため、固定翼機とヘリコプターの両者の特性を持っており、

  1. 垂直離着陸が可能
  2. ヘリコプターよりも高速に飛行可能
  3. ヘリコプターよりも航続距離が長い
  4. 固定翼機と違って空中停止(ホバリング)可能

 

140524-M-ZZ999-001

 

こうした特性が操縦を難しくして人為的な操縦ミスを引き起こすと言われています。しかし、事故率は他のヘリや航空機と変わらないどころか、むしろ低い傾向もあります。飛行時間10万時間あたりの事故率は海兵隊仕様のMV-22で1.93であり、海兵隊が運用する機体全般、全体の2.45よりも低い数値です。事故率が高いのは空軍の特殊作戦仕様のCV-22であり、これは特殊作戦に投入されるため、危険な飛行任務に就いた結果の数値である。日本が導入するのはMV-22の方であり、事故率は現在陸上自衛隊が運用しているCH-46と比べても特段高いわけではありません(MV-22:1.93 / CH-46:1.11)。

 

CH-46

8465520274_62d0eae530_z

 

 

オスプレイという機体を客観的に考察した場合、人為的なミスはあっても機体の安全性に致命的な欠陥はないようです。つまり、きちんと訓練をして、操縦要員の練度を高めれば巷で噂されているように「未亡人製造機」にはならないのです。

 

 

オスプレイの持つ上記の4つの特徴を見ると、離島の多い日本にはかなり価値のある機体であるように思えます。飛行場のない離島にも垂直離着陸ができて、高速力と長い航続距離を生かして迅速に人員や物資を運べるオスプレイは離島防衛では有効な機体となるでしょう。南西諸島防衛力の強化になります。

 

PhotoLibrary-OspreyCapabilities_image1_highres

 

さらに、災害が多い我が国にとってオスプレイの性能は非常に役立ちます。災害が発生した場合は迅速に救援隊や救援物資を輸送でき、あらゆる場所に着陸できます。ヘリよりも早く、航続距離も長いため、急患や負傷者の輸送にも大いに役立つことでしょう。こうしてみると、オスプレイは災害派遣と国防という事態に十分かつ効率的に貢献できる機体といえますね。

 

自衛隊へのオスプレイ配備はほぼ決定されており、その狙いは南西諸島防衛の強化、そして災害対応能力の強化です。実際、今年の日米合同演習に護衛艦「ひゅうが」や輸送艦「しもきた」に米海軍のオスプレイが着艦したのはそのための布石といえるでしょう。ひゅうがやおおすみを改修して、将来的にはいずも型護衛艦とともに離島防衛や災害派遣でオスプレイを海上から運用できるようになる見込みです。

 

800px-MV-22B_landed_aboard_JDS_Shimokita

 

800px-MV-22B_trying_to_land_aboard_JDS_Shimokita

 

オスプレイは早ければ来年度には購入される見通しですが、南西諸島防衛の要となるであろう、水陸機動団に優先的配備されるものと思われます。配備にあたっては、海上自衛隊でも海上で運用できるように合同訓練を頻繁に行ったり、海自隊員、空自隊員にも整備や運用のノウハウを教えるつもりでしょう。

 

関連記事:

 [海上自衛隊]ひゅうが型護衛艦!ヘリ空母,写真,性能,F-35,韓国,3番艦?

新型護衛艦「いずも」最新情報!空母,2番艦,公試,艦装は?

護衛艦いずもが就役!ヘリ空母配備,二番艦24DDH,中国,F-35B?

[海上自衛隊]輸送艦おおすみ型!くにさき,フィリピン,伊豆大島,空母,改修?

[陸上自衛隊]導入するオスプレイを佐賀空港に配備?

 

画像引用元:http://www.mod.go.jp/gsdf/

https://www.flickr.com/photos/90465288@N07/

www.Marines.com

 

 1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です