アメリカ海軍のレーザー砲兵器?日本,自衛隊,開発?

SF映画などでは定番の「レーザー砲」。はるか未来の産物だと思われていたこの兵器が既に実現していることをご存知でしょうか。開発に成功して実用化に向けて着々と試験を重ねているのがアメリカ軍です。特にアメリカ海軍は艦載型のレーザー砲の開発・試射に成功しました。

 

141116-N-PO203-042

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


アメリカ海軍は艦船に搭載するレーザー砲の開発に取り組んでいましたが、2014年10月に発射実験を行い、成功しました。アメリカ海軍がこの試験で運用したのはLaser Weapon System(LaWS)と呼ばれる新型レーザー兵器とそのシステムです。

 

実験の様子は→コチラ

 

試験はペルシャ湾で行われた模様で、揚陸艦に搭載されたLaWSが小型船に曳航された小さな水上目標と無人標的機を照射、炎上・破壊しました。操作は基本的に艦内で行われ、コントローラーとコンピューターで照準を合わせてレーザーを照射します。

 

141116-N-PO203-163

 

レーザーと聞くと派手な光線を想像しますが、実際に兵器として用いられるレーザー砲というのは目には見えないもの。それでも今回の実験で小型の水上目標や対空目標を破壊・撃墜する威力と能力を保有していることが明らかとなりました。そしてこのレーザー砲の最大の特徴は「コストパフォーマンス」といえるでしょう。

出力や威力に関してはミサイルや航空機を迎撃するのにまだ十分な性能を要しているとは思えませんが、現時点ではひと照射あたり約100円ほどのコストとのことです。仮に出力を上げて飛来する対艦ミサイルなどを撃墜できるようになったとしてもそのコストは従来の火器に比べれば廉価といえるでしょう。

アメリカ海軍は今後も実験と開発を続けて2020年までに艦船に実戦配備する計画です。今後は艦の最終防御兵器、最後の砦がこのLaWSになる日が近いかもしれませんね。

 

141116-N-PO203-071

 

141117-N-PO203-072

 

一方、日本でもレーザーに関しての軍事利用の研究及び開発は進められているようで、防衛技術研究所では高出力レーザー発生装置の研究に取り組んでいるとの情報もあります。レーザー砲というのは出力の調整次第では様々な事態に応用でき、従来の装備よりも柔軟性があるといえるのではないでしょうか。

 

例えば、出力の調整が可能ならばミサイルの撃墜の他にも昨年起きた小笠原諸島沖での大量の領海侵犯などに対しても対応する可能性が見えてきます。出力を弱めれば実弾射撃よりは相手側にも死傷者を出さずに強制停船させることができるかもしれません。専守防衛、人命を重視する日本にとっては出力を調整できるレーザー砲というのは最適かもしれませんね。とにかく続報に期待です。

 

画像引用元:http://www.navy.mil

 

1 2 ・・・次のページ

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です