[海上自衛隊]むらさめ/たかなみ型護衛艦!違い,評価,改修,性能,ESSM?

海上自衛隊の「むらさめ型」と「たかなみ型」は数の上で艦隊の主力を担う汎用護衛艦です。両級合わせて計14隻が配備・運用されているこれらの護衛艦は護衛艦隊の基準構成艦として日本の海を護る任務に就いています。今回はこれら汎用護衛艦の特徴についてみていきます。

s_01

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


海上自衛隊の護衛艦といえばイージス艦や最新の「いずも型」が注目されがちですが、数の上では艦隊の主力を担うのは汎用護衛艦たる「むらさめ型」と「たかなみ型」です。両級は海上自衛隊が現在運用する護衛艦47隻のうち14隻を占めており、「むらさめ型」は9隻、「たかなみ型」は5隻が建造・配備されています。特に「むらさめ型」の9隻は現在運用されている海上自衛隊の護衛艦のクラス(艦級)としては最も多い数です。

「むらさめ型」は「たかなみ型」よりも先に計画・建造されていますが、両級の外観は比較的似ています。これは「たかなみ型」が「むらさめ型」の発展型であり、船体の大まかな設計は「むらさめ型」のを受け継いでいます。まずは両級の基本性能と違いをみていきます。

 

⚪︎性能:むらさめ型護衛艦

s_101_06l

基準排水量:4,550t

満載排水量:6,100t

全長:151m

幅:17.4m

速力:最大30ノット(時速55.5km)

乗員:165人

兵装:62口径76mm単装速射砲×1
高性能20mmCIWS×2
4連装90式対艦ミサイル発射筒×2
Mk.48VLS(16セル・対空用)
Mk.41VLS(16セル・対潜用)
3連装対潜短魚雷発射管×2

艦載機:SH-60J/K哨戒ヘリ×1

建造費:609億円

 

 

⚪︎性能:たかなみ型護衛艦

s_112_01l

基準排水量:4,650t

満載排水量:6,300t

全長:151m

幅:17.4m

速力:最大30ノット(時速55.5km)

乗員:175人

兵装:54口径127mm単装速射砲×1
高性能20mmCIWS×2
4連装90式対艦ミサイル発射筒×2
Mk.41VLS(32セル・対潜・対空用)
3連装対潜短魚雷発射管×2

艦載機:SH-60J/K哨戒ヘリ×1

建造費:644億円

 

上記の性能表から見て分かるように両級には若干の違いがあります。大きな特徴としては主砲が76mmから127mmへと変更されており、「たかなみ型」の方が主砲の火力が増強されています。ミサイルの垂直発射基(VLS)に関しては「むらさめ型」が艦の前方に対潜誘導弾用、二つの煙突間の中央部に対空ミサイル用のが配置されています。一方、「たかなみ型」ではVLSは艦の前方にまとめられています。このことにより運用面で合理化・効率化が図られているようです。

これらの装備の違いによって「むらさめ型」より「たかなみ型」の方が排水量が100tほど増えています。特に主砲が76mmから127mm速射砲に変更されたことで重量も増え、区画(船内の間取り図のようなもの)も変更されています。対空兵装に関しては「むらさめ型」も「たかなみ型」も当初はシースパローを搭載していましたが、改修によって発展型のESSMに変更されました。

 

たかなみ型2番艦「おおなみ」

s_04

 

さて、「むらさめ型」と「たかなみ型」は共に船体がそれまでも護衛艦と比べて細長くなっており、波から受ける影響を軽減させています。そして艦上構造物にもステルス性を考慮した設計となっており、傾斜がつけられていたり、マストに電波吸収材が使用されています。一見するとマストの大きさからステルス性が低いと思いがちですが、実際は見た目よりもかなり良好なステルス性を発揮しているようです。さらに、汎用護衛艦としてはVLSを搭載することによって電波反射面積を減少させています。

 

護衛艦むらさめ

s_101_02l

 

艦載機に関しては両級ともSH-60J/K哨戒ヘリコプター1機を定数としていますが、実際は2機の収容が可能です。「むらさめ型」では発着艦支援装置が1つしかないため運用する際に困難が付きまといますが、「たかなみ型」では2つが装備されているため2機を問題なく運用できます。しかし定数は1機であるため通常は1機しか搭載しませんが、ソマリア沖の海賊対策などで派遣された際には2機を搭載・運用したこともあるようです。

艦隊の主力を担っている「むらさめ型」と「たかなみ型」ですが、汎用護衛艦としての評価は高いようです。日本の海を護る任務に加えてインド洋での給油活動、ソマリア沖海賊対策などの外洋での任務で運用されている両級はまさに海上自衛隊のワークホースと言えるでしょう。将来的には「あきづき型」や次期5000t型護衛艦が艦隊主力を担うでしょうが、今後しばらくは「むらさめ型」と「たかなみ型」は護衛艦隊の主力・基準構成艦として活躍していくことでしょう。

 

 

画像引用元:www.mod.go.jp/msdf/ (海上自衛隊HP)

 

1 2 ・・・次のページ

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です