[海上自衛隊]ひゅうが型護衛艦!ヘリ空母,写真,性能,F-35,韓国,3番艦?

海上自衛隊が現在保有する最大の護衛艦「ひゅうが型」。一見すると空母のような外観を持つこの護衛艦は海上自衛隊の花形艦として国内外かた脚光を浴びています。「ひゅうが型」の加入で海上自衛隊はどのように増強されたのでしょうか。

 

15 (2)

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


ヘリ空母「ひゅうが」型護衛艦の性能は?

「ひゅうが型」護衛艦は海上自衛隊初の全通甲板型護衛艦であり、最大の護衛艦です。従来の護衛艦とは全く異なった外観は航空母艦を連想させるものであり、外国では「軽空母」、「ヘリ空母」と分類されます。

「ひゅうが型」は「はるな型」の後継艦として最新鋭のヘリコプター搭載型護衛艦(DDH)として2009年に就役しました。「ひゅうが型」は従来のDDHと違って広大な全通甲板を持ち、多数の航空機を同時に運用できる能力を保有しています。

○性能諸元:「ひゅうが型」護衛艦

181_12l

基準排水量:13,950t

満載排水量:19,000t

全長:197m

全幅:33m

高さ:48m

速力:30ノット(時速55.5km)

乗員:340~360名

兵装:高性能20mmCIWS×2
12.7mm機関銃×2
Mk.41 VLS(16セル)×1
3連装短魚雷発射管×2
艦載機:最大11機

排水量は見ての通り今までの護衛艦よりもはるかに大きくなっており、イタリア海軍やタイ海軍の軽空母と同等の大きさを持っています。これは航空機運用能力を大幅に向上させるために船体の設計を大きくしたためであり、「ヘリ空母」と呼ばれる所以です。

しかし、あくまで護衛艦なのでVLSを搭載しており、ESSMなどや対空ミサイルやアスロックなどの対潜ミサイルを装備しています。さらに、自艦防衛用にCIWSや対魚雷デコイなども搭載しています。

181_02l

 

「ひゅうが型」は艦隊の旗艦として運用できるように司令部の機能も充実しています。具体的には司令部要員を収用できるスペースや居住区、司令部作戦室、多目的室も設置されています。これによって司令部を問題なく設置でき、旗艦としての役割を十分に発揮できるようになっています。

航空機運用能力は従来のDDHとは比較にならないほど向上しており、前級の「しらね型」がヘリコプターを3機運用できますが、本艦は11機も搭載できます。通常はSH-60K哨戒ヘリを3機を搭載しますが、必要とあらば1個護衛隊群の定数である8機以上を一気に搭載できます。そのため、1艦で1個護衛隊群に匹敵する航空戦力(哨戒ヘリ)を保有しています。

181_20l

航空機は艦内に収容でき、2基のエレベーターを使用してヘリコプターを格納庫から甲板へとを移動させます。さらに、ヘリに搭載する魚雷やミサイルなどを運搬する武器・弾薬運搬用のエレベーターも設置されています。

甲板にはヘリスポットが4つあり、3機の同時運用が可能です。そして「ひゅうが型」は他のDDHと比べて艦載機整備能力や補給能力が優れているため、有事の際は洋上の航空基地として活躍します。いわば、艦隊における艦載機運用の中心として運用されます。

181_07l

艦載機は哨戒ヘリ以外にも掃海・輸送ヘリ、救難ヘリや大型輸送ヘリも運用できます。災害時には救難及び救援物資輸送の洋上拠点として効果的に機能します。実際、東日本大震災時には被災者を救出して輸送する救難ヘリの着艦・整備拠点、救援物資の輸送拠点として大活躍しました。大きな艦には被災者を多数収容する余裕と機能があり、洋上の避難所となりました。

艦内には災害対策本部も設置でき、まさに沖合から救難、救援活動を支える拠点となります。米空母「ロナルド・レーガン」が巨大な艦の能力を生かして大量の救援物資を輸送できたように「ひゅうが型」も巨大な艦の利点を生かした迅速かつ大規模な災害救援支援が可能です。

 

「ひゅうが型」は離島奪還作戦において有効な戦力として期待されており、統合任務部隊の司令部としても機能するようになっています。この司令部は米海軍の空母や強襲揚陸艦に設置されている司令部と同様の機能を有しています。海上自衛隊は強襲揚陸艦を導入する予定であるため、上陸部隊や物資の輸送、航空機の整備・補給の拠点として共に主力として活躍します。

130614-N-BU440-542

アメリカで行われた離島奪還訓練では陸上自衛隊のCH-47大型輸送ヘリやAH-64D戦闘ヘリが2機ずつ搭載されました。この訓練によって「ひゅうが型」が陸自の離島奪還作戦を十分支援できる能力を保有していることを証明しました。実際に離島奪還となった場合は陸自部隊の輸送、ヘリの整備・補給拠点としての役割を担うこととなります。

 

訓練ではアメリカ軍の輸送機「オスプレイ」も離着艦、収納などの訓練を実施しました。このことは「ひゅうが型」がオスプレイを搭載・運用できるということの証です。そのため、この訓練の後、日本の防衛省はオスプレイ導入の検討を加速させました。いずれ離島防衛のためにオスプレイの導入を決定して「ひゅうが型」にも訓練などで定期的に運用されることが予想されます。

 

ひゅうが型にF-35は搭載可能か?181_14l

「ひゅうが型」1番艦の「ひゅうが」と2番艦の「いせ」まで建造・就役しています。「いせ」は2013年に起きたフィリピンでの台風被害に対する災害派遣で米海軍とともに駆けつけたことが記憶に新しいですね。「ひゅうが型」は米海軍との連携も視野に入れて同じ基幹指揮回線が設置されています。そして、通信機能もより高速かつ大容量になっており、旗艦として十分に機能するようになっています。

海上自衛隊初の全通甲板式護衛艦として就役した「ひゅうが型」は見た目が「空母」であるため、垂直離着陸が可能なF-35B戦闘機を搭載・運用できるのではないかという期待がありました。しかし、海上自衛隊はF-35を運用する予定はないと明言しており、耐熱板の設置などの改装を施す必要があります。そのため、実際にF-35を運用することはないと思われます。

F-35を数機搭載できれば確かに強力な戦力とはなりますが、「ひゅうが型」に関してはヘリコプター運用に専念した方が良いでしょう。

F-35B戦闘機

1024px-USMC-19297

さて、「ひゅうが型」は計画、進水、就役した際にお隣・韓国がかなり反応しました。韓国海軍はご自慢の「独島型」強襲揚陸艦を保有しているため「ひゅうが型」をライバル視しました。しかし、「独島」が1隻のみなのに対して「ひゅうが」「いせ」と2隻続けて就役して、さらにより大型の「いずも型」も2隻建造するため韓国は海上自衛隊の戦力強化として警戒しました。

「ひゅうが型」は2隻の建造で完了しましたが、より大型の「いずも型」護衛艦が建造中であり、海上自衛隊の戦力はさらに強力になります。

 

 

参照の過去記事・関連記事一覧

【海上自衛隊】日本が次期強襲揚陸艦を導入!?建造,おおすみは?

【航空自衛隊】F-35戦闘機配備!ライセンス生産,性能,韓国は?

新型護衛艦「いずも」最新情報!空母,2番艦,公試,艦装は?

護衛艦いずもが就役!ヘリ空母配備,二番艦24DDH,中国,F-35B?

 

 

画像引用元:http://www.mod.go.jp/msdf/

http://www.navy.mil/

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

「[海上自衛隊]ひゅうが型護衛艦!ヘリ空母,写真,性能,F-35,韓国,3番艦?」への1件のフィードバック

  1. F-35を載せるには「ジェットブラストディフレクターがいります。」空母鵬翔計画を実現するなら造船所のドッグやクレーンまで変える必要がでてくると思います。アメリカ造船企業の助けもいるでしょう。F-35Bの給油所替わりだけでもジェットブラストディフレクターとデッキを張り替える必要があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です