【海上自衛隊】日本のそうりゅう型潜水艦!実力,性能,画像?

日本の潜水艦は保有数は少ないが、静粛性などの性能は世界随一です。その日本の高性能な潜水艦の代表が今回のトピックであるそうりゅう型潜水艦です。一体どんな潜水艦なのか、見ていきましょう。

 

504_01l

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


 日本 そうりゅう型潜水艦 海上自衛隊 性能

そうりゅう型潜水艦は2009年から就役を開始した海上自衛隊の最新鋭潜水艦です。そうりゅう型は前級のおやしお型の後継として開発され、卓越した性能を持っている世界屈指の潜水艦です。

 

○性能諸元

排水量 基準:2900t
水中:4200t

速力 水上:13ノット
水中:20ノット

全長:84m

乗員:65名

兵装:533mm魚雷発射管
・89式魚雷
・対艦ミサイル

 

まず、排水量に着目していただきたい。実用的な通常動力艦で4200tというのは世界最大である。動力を生み出す肝心の機関は非大気依存推進のシステムであるスターリング・エンジンを採用しています。このエンジンはスウェーデンのコックムス社が作ったもので、これを搭載したことによって今まで数日しか潜れなかったのが2週間以上も継続潜水が可能です(低速時)。この性能は通常動力型潜水艦としては世界最高峰のものでしょう。

504_04l

 

乗員も省電力化によっておやしお型よるも5名少ない65名になっています。

さらに、今後は主要蓄電池として今までの鉛蓄電池ではなく新型のリチウムイオン蓄電池を搭載する予定です。これによって今までよりも充電時間が短縮され、放電によるロスも抑えられています。つまり、高速航行の継続時間が長くなるということです。これも通常動力型潜水艦としては類まれなる性能です。

 

ss590

 

船体の方にも特徴があり、前級のおやしお型と同じ葉巻型ですが、舵は新たなデザインに基づいたものを採用しています。最新の「X舵」を採用して、水中運動性が大幅に向上しました。さらに、X型の舵のため、海底鎮座の際に損傷する危険が減少しています。

 

おやしお型(舵が十字)

590_02l

 

そうりゅう型(舵がX型なのが分かる)

ダウンロード (3)

 

もう一つの船体的特徴としては艦全体に吸音タイルを装着して静粛性を向上させています。おやしお型が船体とセイル側面だけでしたが、そうりゅう型は船体の上部やセイルの前面にも取り付けています。これによってただでさえ優秀な静粛性を持ち、「海の忍者」と呼ばれる日本の潜水艦がさらに探知しにくくなっています。

 

 そうりゅう型潜水艦 実力 画像

日本のみならず世界最新鋭の潜水艦として注目されるそうりゅう型ですが、実力は如何ほどのものでしょうか?筆者の見解としては静粛性では周辺国の潜水艦には勝るものと思われます。潜水艦は「見つかる」とお終いなのでこの静粛性、いかに探知されにくいかというのがカギでしょう。そういった意味では日本の潜水艦は静粛性では優秀であり、最新のそうりゅう型はさらにその性能を向上させています。これによって世界的に見てもかなり高性能な潜水艦でしょう。

 

 

502_04l

 

 

さらに、通常動力艦としては異例の長期潜航が可能という点も大きな利点です。静粛性が非常に高く、長期潜航ができる通常動力型潜水艦は有事の際は他の通常型潜水艦に対して優位です。このそうりゅう型を毎年着々と建造・就役させており、既に5隻が配備されています。海軍力増強の一環として潜水艦の戦力も16隻から22隻に増やすので今後、このそうりゅう型が強力な海の忍者軍団の主力として活躍するのは間違いないです。

 

502_03l

 

ロシア海軍や米海軍は原子力潜水艦で編成しており、通常動力潜水艦はいまや「ロスト・テクノロジー」であるといえるでしょう。そのため、この分野では日本はトップクラスを走っており、その技術は他の国にも注目されています。特にオーストラリアは次期潜水艦候補としてそうりゅう型に熱い視線を注いでおり、日本としても有力な防衛輸出品となるでしょう。先日の安倍首相のオーストラリア訪問でそうりゅう型にも使用されている推進技術の提供をすることで概ね合意しているようです。

詳しくは⇒コチラ

 

実際、日本の潜水艦は毎年建造して退役させていたため、今までは艦齢20年弱で引退させていました。しかし、これは世界的に見ればかなり異例であり、「もったいない」と思う国も多いでしょう。日本の潜水艦は質が高く、艦齢20年でもまだまだ第1級艦として扱えるので欲しい国はたくさんあります。前出のように通常動力型潜水艦では日本は世界最高峰の性能を誇っているので仮に輸出したら引く手あまたの可能性が高いです。

しかし、それだけ高い性能を誇るそうりゅう型、そして今までずっと培ってきた技術を簡単に提供していいものなのか疑問が湧きます。最高峰の性能を誇るだけに、最高峰の軍事機密です。もっと慎重に扱うべきではないでしょうか。

 

画像引用元:http://www.mod.go.jp/msdf/index.html

http://blog.goo.ne.jp/zendagisexorogy/e/caa636e3c4f8fb71a22abb1a255d95a2

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

「【海上自衛隊】日本のそうりゅう型潜水艦!実力,性能,画像?」への1件のフィードバック

  1. 多分、戦争になったら、1番最後まで残ってますよ。浮上しているときに・たまたま、敵のインターセプターに見つかった時ぐらいに死ぬかどうかだと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です