[海上自衛隊]新護衛艦「かが」進水式!画像,動画,海外反応!

海上自衛隊の新型護衛艦「かが」が2015年8月27日に横浜にて進水しました。海上自衛隊にとっては最大の護衛艦である「いずも型」の2番艦であり、2017年3月の就役を予定しています。対潜哨戒能力を大幅に強化する護衛艦「かが」について見ていきましょう。

11891149_959532360775149_3235471916733394477_n

スポンサードリンク
 


 


 


 


 


 


8月27日に横浜にあるジャパンマリンユナイテッド磯子工場にて海上自衛隊のいずも型護衛艦の2番艦「かが」が進水しました。進水式前から艦名について様々な憶測がありましたが、直前の情報で「かが」ではないかと的確に予測する人も見られました。

・進水式の様子は→コチラ

 

「かが」はご存知のように現在の石川県の旧国名であり、北陸新幹線が開通した今年に相応しい名前とも言えるでしょう。1番艦のいずもは今年の3月に既に就役しており、対潜哨戒活動や災害派遣での活躍が期待されます。そして今回進水した「かが」も2017年の3月には就役する見込みで、4個護衛隊群すべてにいわゆるヘリ空母が配備されることとなります。「かが」もいずもやひゅうが、いせ同様に多数の哨戒ヘリを搭載することによって対潜水艦作戦における能力の大幅向上に貢献することになります。

 

0827-02

 

「かが」についての性能や艦の詳細は「いずも」の記事に譲りますのでこちらをご覧下さい↓↓↓

新型護衛艦「いずも」最新情報!空母,2番艦,公試,艦装は?

護衛艦いずもが就役!ヘリ空母配備,二番艦24DDH,中国,F-35B?

 

「かが」の進水は海外でも注目されていますが、反発しているのは主に中国と韓国のみであり、他の国々での批判は見られません。むしろ日本がヘリ空母を建造したという事実を淡々と伝えていたり、戦後日本が地域の平和維持や人道支援に貢献する度合いを高めるものだと好意的に評価している反応も多々見られます。

 

「かが」が配備されれば海上自衛隊の対潜哨戒能力はさらに向上して、海洋進出を強める中国海軍への牽制ともなりえます。現代海戦においては航空優勢に加えて潜水艦が勝敗の鍵を握ると評されており、その日本周辺の西太平洋に出没する中国やロシアの潜水艦をより確実に探知・監視する上で「かが」の配備は待ち遠しい限りです。昨今のひゅうが型といずも型の就役で海上自衛隊の潜水艦に対する探知能力の強化とそれに伴う防衛力の強化に期待したいものです。

しかし、大型化に伴う必要な人員と搭載ヘリの増加などにしっかりと対応できる予算をつけてほしいですね。就役後に「かが」などがその性能を遺憾なく発揮できるようにきちんと人員や装備の整備と訓練をしてもらいたいものです。

 

⚪︎関連記事

新型護衛艦「いずも」最新情報!空母,2番艦,公試,艦装は?

護衛艦いずもが就役!ヘリ空母配備,二番艦24DDH,中国,F-35B?

[海上自衛隊]ひゅうが型護衛艦!ヘリ空母,写真,性能,F-35,韓国,3番艦?

 

⚪︎画像引用元:http://www.mod.go.jp/msdf/ (海上自衛隊HP)

⚪︎動画元:産経新聞YouTubeチャンネル(SankeiNews)

 

1 2 ・・・次のページ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です